自己を反省できれば相手も変わる

title親鸞会 ルボアール
親鸞会同窓会サークル
ルボアール

TOP > 社会での活躍 > 自己の言動を反省できれば相手も変わる

自己の言動を反省できれば、相手も変わる

自己の言動を反省できれば、相手も変わる 大阪府 加茂良子

関西大学を卒業し、住友生命の営業課で仕事をしています、今年年間営業成績が、新人部門でトップになりました。

私の場合、話がうまいとか能力とかではありません。ただ、足しげく通い、一人一人のお客様を大切にする。よい人間関係をつくるのが営業の基本で、仏法精神を生かせる仕事と思っています。

心がけていることは、和顔愛語です。「別嬪も笑顔忘れりゃ五割びき」と言われます。気持ちのよい返事。相手を優先する。約束を守る。仏法精神を社会は実践する場です。

入社して半年間は、契約なんて取れませんでした。自転車で回るから、雨の日はずぶぬれ、夏はスーツが汗まみれ。夜九時過ぎ、断られて一人帰る時など、『なんでこんなことやってんだろ』と思いました。その時、忍耐というのは「ここだなあ」。と教えていただいたのを思い出して、元気になれました。

仏法があるから、つらいこともつらく感じません。「難の難 乗り越えてこそ光あり」のお話も好きです。

仕事にはノルマがあり、契約が取れないと、ついお客様を責めたい心が出てくる。でもそこで、なぜ相手が気分を害したか、まず自分を振り返ります。年配の方に失礼な態度はなかったか、自分の都合を押しつけなかったか、反省ノートにつけるんです。自己の言動を反省できれば、相手も変わるのだと思っています。

・・・親鸞会同窓会 ホームへ戻る・・・