モカさん、さよなら~

早いもので年が明けて、もう10日が経ちました。。。

やっと今年初更新です。今年もよろしくお願いします。

さて、新年早々、モカさんが異動になりました。一昨日、新天地に向けて

出発していきました。モカさんが顕真学院にいたのは、1年半ちょっとの

短い期間でした。お世話になりました。モカさん関連の記事が

少なかったのが、心残りでしたが、新天地でも頑張ってもらいたいと

思います。モカさんに代わって新しく赴任してきたのは、寿司職人の

ニコちゃん大魔王さん(ショコラさん命名)。ちなみに某ロボ少女漫画に

出てくる宇宙人とは何も関係ありません。では、なぜそう呼ばれるのか?

その理由を是非ともショコラさんに聞いてもらいたいと思います。

これまで厨房関係の人たちのニックネームはケーキ関連の名前で

統一されていたので、これから変更があるかもしれませんが、

ニコちゃんをよろしくお願いします。

竹の子の時期です!

桜が散ったら、竹の子の時期です。新聞に福井で竹の子の収穫が

始まったという記事がありました。モカさんは竹の子に関して、腕の

良さはスゴイ有名で、腕を振るう絶好の機会です。

さて、竹の子を見ると、去年、Y先生が女性の学院生に竹の子の皮の

剥き方講座を開かれた事を思い出します。何と!Y先生は竹の子1本を

30秒少々で皮むきされるんですよ!まさにマジック!だから、何か

お手伝いを、と思っても、足手まといにしかならないのが現実です。

邪魔にならないようにおとなしくいていたいと思います…。

料理と感覚

モカさんが病院で心理関係の仕事をしている人との話の中で「料理と

カウンセリングは似ている」という話があったことを教えてくれました。

カウンセリングはその人にどんな言葉をかければいいのか、その時、

その場でパッと判断していかなければならないそうです。料理は

食材の鮮度がひとつひとつ違うので、それに合わせた味付け、料理方法を

しなければならないという点で似ているそうです。またその人は「料理と

カウンセリングは似ているから、料理をすると感覚が磨かれる」と言った

そうです。そうであるなら、料理が上手な人は感覚の鋭い人、かもしれませんね。

顕真学院怪奇ファイル Vol.1(謎のシミ)

今朝、5時過ぎに廊下に赤いシミがあるのを学院生が見つけました。今月は

電気が勝手についたり、奇怪なことが起こり続けていて、今度は赤いシミです。

その人の話を聞くと、大きいものは直径4センチほどあり、ネバネバしていて、

雑巾で拭くと紫色だった、とのことでした。就寝前にはなかったのに朝、突如、

出現した謎のシミ。紫だから血ではない。では、インクか?はたまた薬品か?

様々な憶測が飛び交う中、ある人が「私、昨晩、ぶどうジュースを飲みました…。

缶を捨てに行く時に、垂れたんじゃないかと思います…。」と事件の真相が

あっさり明らかになりました。まさか、ぶどうジュースなんて、ベタな

展開だったとは。こんな話は売れないですね。。。

モカさんがイメチェンしました!

モカさんが髪をバッサリと切り、イメージチェンジをしました!

手がけたのは学院生のKさん。以前の髪型は愛嬌があって良い!と

評判だったので、周りから髪を切るのを止められていましたが、

モカさんは断固たる決意で散髪を決行しました。。。

ところが、新しい髪型も大好評で、あるバリスタさんも大絶賛されていました!

 今回のイメチェンは大成功のようです!

あの弁当屋さんを見学してきました!

今日、あんしん弁当さんにお邪魔して、衛生管理をどのようにしているか、

見学してきました。あんしん弁当さんは徹底した衛生管理をされていて、

絶対に食中毒を出さないように、努めておられます。

 それと、あんしん弁当さんに置いてある厨房機器で顕真学院にもあるものの

使い方も教えてもらいました!いつか見せてもらいたい、行ってみたいと

以前から厨房の3人は思っていたようで、今日、念願が叶いました。加えて、

いつもブログで見ているだけのお惣菜も買うことができて大喜びです!

顕真学院でも大勢の人が研修を受けに来られるので、少しでも取り入れ

られるところは取り入れ、よりよい衛生管理、より美味しい食事を出せる

ようにする、厨房の3人の探究心は強いです!

 さて、私もお相伴に預かり、説明を聞き、これはすぐにでもできるものを

少し紹介します。

・ダンボール、箱などで運ばれたものは必ず中を出して、冷蔵庫などで

保存する。

 外からきたダンボール類はどんな場所に置かれているかわからず、

また、食中毒菌を保菌している人が触っているか、わかりません。

あんしん弁当さんでは外からきた食材は必ず移し替えて、保存する

そうです。こうして、ダンボール類を通して、他の食材へ菌がうつるのを

防いでいるんですね。スーパーで買い物をして、ダンボールにつめて、

家に帰り、ついつい面倒で買ったまま、冷蔵庫にポンと入れるのは

危険です!

・肉類、特に鶏肉は気をつける。

 生の鶏肉から出る肉汁にはたくさんの菌がいるそうです。それが

1滴、例えば、朝、作ったサラダに入って、昼に出した場合、常温で

置かれた場合、食中毒を引き起こす可能性があるそうです。

サルモネラ菌は30度、5、6時間で、なんと10万から100万個に

増えるそうです。。。夏場は特に気をつたいですね。十分に加熱して、

美味しく安全に食べましょう。

・食中毒菌が繁殖しやすい温度帯をなるべく早く通り過ぎる。

 出来上がった惣菜はあの有名なブラストチラーで、一気に3度まで

冷却します。食中毒菌は20度から45度の温度が一番よく繁殖する

そうです。その増え方たるや、倍ではなく、2乗。グラフを見ると、よくわかります。

その危険な温度帯を素早く通り抜け、食中毒菌を抑えているんです!

では家庭ではどうするか。粗熱をとって、30度ぐらいまで温度が

下がったら、冷蔵庫へ。これでだいぶ違うようです。

 他にも様々な器具や工夫をされて、徹底的に衛生管理に努めて

おられることがわかりました。

 詳しくはブログをご覧ください!

皮むきって難しい

果物が美味しい季節となりましたね。柿に栗にりんごに、楽しみの多い

時期です。果物に共通しているものと言えば、皮むき。これが面倒で

果物を食べない人って結構、いるのではないでしょうか?

顕真学院では果物が食卓に出されることがありますが、自分で皮を

むいて食べる事があるんですよ。当然、学院生の中で、果物の皮を

よくむいてきた人と全然、皮むきをしてこなかった人、そもそも

不器用という人とあります。皮むきをしてこなかった人が皮むきをすると

果物が半分になるのではないか、というほど厚く厚く皮をむき、こんな

感じでブログに紹介されてしまうんです。

新しいイメージ
写真が見づらいですね。すみません。

これはまだ上手に皮むきができた方です。。。これを見られた

A先生から「皮むき、罷免!!!」のお達しがでました。。。

ライバル出現!

今月入学したある学院生が栄養士の免許を持っていて、普段から料理を

すると言ったので、得意料理は何か聞きました。その後、驚くべき答えが

返ってきました!何と「ダシ巻き卵」というではありませんか!モカさんの

得意料理も「ダシ巻き卵」。

思わぬ?ライバルが出現しました!!!そのうち食べ比べをするかもしれません!

徒然なるままに…。

8月に入ってから、ブログで書きたいことが毎日のようにあって、更新頻度が

上がっています♪気温も上がってきており、8月に入ってから猛暑日が

続いています…。一体、この暑さはいつまで続くんでしょうね。。。

今日はちょっとした出来事を徒然なるままに書き綴っていこうと思います。

1つ目。

モカさんはY先生にここ最近、「これは美味しい!」と毎日のように言われ

続けています!今日は酢の物を褒められていました!味付けに関しては

全幅の信頼を寄せられるようになってきました。しかし、本人は

「まだまだ修業中の身です」と言っていますが、モカさんは某有名レストランで

5年、働いていました。レストランでの修業の日々を少し聞かせてもらいましたが、

厳しい下積みを重ねていて、その努力の結果が現れていると思います。

 常に向上心を失わず、研究、工夫をすることはとても大切な事だと思いました。


2つ目。

 夏バテに「甘酒」がいいらしいと聞きました。甘酒と言ったら、冬の飲み物という

イメージだったので驚きました。それをA先生に言ったら「昔から夏バテに甘酒は

いい、と言うよね」とのこと。私は試したことがないのですが、暑い日が

続いているので、試してみる価値はありそうです。

3つ目。

 ある人が上司に話しかける時、おっかなビックリで話かけるせいか、上司から

「何か、話をする時、こちらを三白眼で睨みつけている」と言われていました。

 これを聞いて、私はどうだろうと振り返ってみました。上司に気さくに

話しかけるのって立場が上の上司になればなるほど難しくないですか?

私だけでしょうか…。

 べっぴんも 笑顔忘れりゃ 五割引

という歌がありますが、笑顔で接するのはとても大事です。

笑顔の人には近づきやすいし、印象も良いですよね。親しい人なら笑顔で接する

ことが出来ても、どんな人にも、特に苦手な人には難しくありませんか?

どんな人にも笑顔で接している人を見ると、見習わなければならない、と思います。

帰ってきたマロンさん!

今日から8月ですね。7月はこれでもか!というぐらい暑くて、どうなってしまう

のだろうかと心配です。暑さと上手に付き合う方法を知っておられる人が

いたら、是非、教えて欲しいです…。

さて、ビックニュースです!マロンさんが顕真学院の賄いとして、帰ってきました!

これで厨房はショコラさん、マロンさん、モカさんの3人体制となりました♪よろしく

お願いします!3人の活躍をどんどんブログで紹介していきたいと思います!

それと、3人について知りたいことがあれば、インタビューしていきたいと

思いますので、気軽にリクエストして下さいね♪

さて、今回は3人の共通点について紹介します。わかられる人はあるでしょうか?

何と!大学の同期なんですよ!!!でも大学は北陸、東海、関東と違うの

ですが…。学生の時に、お互い面識あったんでしょうか?これだけ離れていたら、

お互い認識はしていても、話したことはないのではないかと思います。機会が

あれば、聞いてみたいと思います。

 同じ目的に向かって進む法友というのは年齢関係なく懐かしい同志ですが、

同い年や同期って、特に親しみやすくて、通じるものがあるというか、特別な

感じがしませんか?袖触れ合うも多生の縁と言われますが、同期の人は

過去世からよくよくの深い深い因縁があった人なんだろうな、と思います。

賄いが同期で揃うというのは、滅多にないことで、余程の因縁がある

3人なんだな、と思います。