一期一会

気づいたら、更新が滞って半月余り。。。継続することは難しいです(汗)

さて、春は出会いと別れの季節であり、涙を流す人が多いと思います。

慣れ親しんだ人や場所を離れて、涙する人。思い描いていた夢が現実の

ものとなり歓喜の涙を流す人。もっとも多いと思われるのが花粉で涙を

流している人でしょう!今や日本で6人に1人はかかっていそうです…。

それはさておき!出会いと別れが1年のうちで最も多い時です。1つ1つの

出会いを大切に、中に親鸞聖人の御教えを聞かせて頂ける人と

出会えたら、嬉しいですね。顕真学院にも今月、たくさん新入生が

来ました!

今日はこんな言葉を紹介したいと思います。


人は一生のうち、出会うべき人に必ず出会える。しかも一瞬遅すぎず、

一瞬早すぎず。内に求める心なくんば、ついにその縁は生じざるべし


哲学者の森信三氏の言葉で、初めて聞いた時、仏教に通じるものを感じました。

私が受ける結果、運命は私の行為が生み出す。しかも、縁というものが揃って

初めて結果が引き起こされると教えられているのが仏教であり、因果の道理です。

ということは私に起こるすべてのことは偶然ということは無く、必然という事です。

あの時、あの場所で、あのイベントで、あの人と出会って、私の人生が変わった!

という出会いをした人もいるでしょう。

これからいろいろな出会いがあると思います。中には一生を左右する出会いが

あるかもしれません。2度と会わないであろう人でも、会うべくして出会った

のですから、出会いを大切に、親鸞聖人の御教えをお伝えする機縁としたいと

思います。

TrackBack URL

コメント