短期研修が始まりました。

今日から短期研修が始まりました。

参加された人で参加を決めた理由をこんなように話をされていました。

以前、短期研修に参加された鳥取のSさんから、某行事の時、猛烈に

顕真学院での研修を受けるよう、勧められたそうです。あのSさんが

言われるのだから、間違いないと思われたそうですが、11月は

いろいろあるし、来年の1月ぐらいに行こうかなと思われていた矢先、

鳥取のSさんからハガキが来たそうです。

その中に「ぐずぐず言ってないで、早く顕真学院に行って下さい」と

書かれてあり、今回、研修を受ける事を決意されたそうです。

鳥取のSさんは短期研修中、毎日、凄まじい喜びの声を言われ、

歓喜のあまり涙ぐまれていたのは記憶に鮮明に残っています。

その後、縁ある人に顕真学院の素晴らしさを話をされているそうです。

2、3年経った今も喜びは消えることなく、こうしてSさんを縁とし

て短期研修を受けられる人がいるのは凄いことだと思います。

日本で一番幸せな県はどこか?

今日の新聞に福井県が日本でもっとも幸せな県に選ばれた、という

記事が一面に大きく掲載されていました。(詳細はこちら

法政大学が調査、発表したそうで、安心、安全、労働、医療などを

総合したもので、今、国際的に注目されている”国民総幸福量”の

考え方を参考にしたそうです。ちなみにトップ3は福井、富山、石川の

北陸三県でした。浄土真宗が盛んな所、という共通点があり、これも是非、

幸福度を測る基準に加えてもらいたいところです。さらにおとき運動で

毎日、北陸三県は安心、安全、味が良いお弁当を頂けるように

なったので、もっと幸せになること間違いなしです。

幸せになりたければ、北陸へ!というのがトレンドになるかもしれませんね。

ちょっとずつ顕真学院で風邪が流行りだしました。急に寒くなりましたから、

皆さんも気をつけて下さい。

鮒寿司は高級品です!

あっと言う間に11月。今年もあと2か月です。福井駅前で恒例の

イルミネーションが始まり、もう今年も終わりだと感じます。

さて、少し前の話になりますが、顕真学院にブラジルから一流の翻訳者として

有名な某教授が拝観に来られました。見るもの、聞くものに感動され、

「(顕真学院は)厳しい雰囲気を感じる。」と今までにない感想を言われていました。

顕真学院に拝観に来られる皆さんは大抵、「きれい」と言われるんですが、

一流と言われる人は違うな、と思いました。もう一つびっくりしたのが、魚が

好きということで魚が食事に出たのですが、日本人と同じくらい上手に

箸を使われていたことです。魚が好きと聞いたある滋賀出身の学院生が

ここぞとばかりに故郷の滋賀を売り込もうと「滋賀には鮒寿司という

高級な食べ物があるんですよ」と猛アピール。当然、初めて聞く

鮒寿司という単語に、説明を受けた某教授は「腐った魚?」と言われ、

翻訳で付き添われていた人が慌てて「私はそんな通訳してません!」と

反論。(発酵させてもの、と通訳されたそうです)

それでも「今度、学院に来た時、食べさせて下さいね」と言われ、

興味津々な様子でした。最後、皆(モカさんは所用でいませんでした)で

写真を撮って、「チャオ!」と言われ、去っていかれました。

今度は研修を受けに来てくださいね♪