仁義なき争い

この時期、顕真学院では毎年、繰り広げられる戦があります。

それは顕真学院にはいちじくの木があり、ちょうどこの時期、いちじくが熟し

始めるのです。今朝、無残にもいちじくの残骸が発見され、あれが勝利を

収めました。そう、カラス(通称:カー子)です。もう2、3日したら、食べごろだと

思ういちじくがあっても、そろそろだなぁと思っている矢先にカー子はサッと

食べてしまうのです。。。あまり早く収穫すると美味しくないし、かと言って、

待ちすぎるとカー子に食べられる。非常に微妙なところを狙わなければならない

のです。さて、今年は見事、勝利を収めることができるのか?今、戦いは始まった

ばかりです。

TrackBack URL

コメント