竹の子の時期です!

桜が散ったら、竹の子の時期です。新聞に福井で竹の子の収穫が

始まったという記事がありました。モカさんは竹の子に関して、腕の

良さはスゴイ有名で、腕を振るう絶好の機会です。

さて、竹の子を見ると、去年、Y先生が女性の学院生に竹の子の皮の

剥き方講座を開かれた事を思い出します。何と!Y先生は竹の子1本を

30秒少々で皮むきされるんですよ!まさにマジック!だから、何か

お手伝いを、と思っても、足手まといにしかならないのが現実です。

邪魔にならないようにおとなしくいていたいと思います…。

高速逆走!

すっかり桜も散ってしまい、葉桜となってしまいました。あと1回、写真を

撮りたかったのですが、いつか撮れると思っていたのがアダとなり、結局、

撮れずじまいでした。

 さて、顕真学院から親鸞会館へ高森顕徹先生の講演会に向かう途中、

高速道路で何と、高速を逆走する軽自動車とすれ違い、タイミングが悪ければ、

正面衝突していたかも知れず、ビックリしました。高速道路の逆走はときどき

ニュースで聞きますし、PAやSAで注意を促す文章を目にすることが

ありましたが、本当に逆走する人がいるとは思いもよりませんでした。

しばらく進むと、パトカーが猛スピードで走っていくのが見え、逆走する

軽自動車を追いかけているようでした。(パトカーは勿論、逆走はしていません!)

大事故にならない事を願いつつ、どうすることもできず、ただ唖然とするばかりでした。

桜満開!

寒かった日がウソのように過ごしやすい日が続いています。

先週、福井市の桜の満開宣言があり、顕真学院の桜も満開で、すでに散り始めています。

IMG_0026 IMG_0025
そう言えば、去年、もん太さんが顕真学院の桜の写真を撮りに来てくれて、

美しい絵葉書にしてもらったことがありました。

顕真学院(小) .
↑もん太さんに撮ってもらった写真です!

あれからもう1年が過ぎてしまったのかと思うと、月日が経つのは早いですね。

散る桜を見て、無常に驚き、後生、1つ明るくなりたいと思い、出家した人が

過去にどれだけいたか、わかりません。

ウグイスも、「法を聞けよ(ホーホケキョ)」と聞法を勧めています。

法に身を沈める絶好の時期ですね。

研修の感想

今日はとても暖かく、桜の花がついに咲きました!

IMG_0021
桜を見ると春の訪れを感じます。何をするにも良い時期になりますね。

さて、今日、短期研修が終わりました。

ある人が「顕真学院での研修はまるで花嫁修業のようでした。」と

言われていました。

また、「顕真学院に来て、本当に良かったです。しかし、ただ一つ後悔が

あります。それはもっと早く研修を受けたかった、ということです。

私の言動を見て、変わった、と言われるよう、また、顕真学院に行って

みたいと言われるよう、地元で頑張ります」と決意を述べられている人も

いました。

毎回、いろいろな人が参加されますが、共通することは皆さん、

とても喜ばれて帰られることです。喜びの声を聞くと、私も嬉しくなって

きます。研修に参加される人も、またスタッフも喜びに満ち溢れる機会だな、と

思います。

「ウオンツ」とは?

今日、Y先生から

「『ウオンツ』ってどんな意味?」と聞かれました。

はて?「ウオンツ」?芸能人の名前?

「人の名前ではないのですか?」と答えると、

「違う。『お客さんのウオンツに応える為に』の『ウオンツ』だよ」と言われるので

調べてみました。

「ウオンツ」は人の名前ではなく、”wants”(欲求)という意味でした。

ニーズが具体的な物やサービスとなり、それが欲しいということを「ウオンツ」と

言い、例えば

「イチゴたっぷりのケーキが食べたい」とか

「便利な道具を出してくれるロボットが欲しい」などの

感情を言うそうです。

 ひとつ勉強になりました。

短期研修が始まりました

今週から1週間の研修が始まりました。

今回はブラジルから数名と妊婦さん、弁護士さんが参加されています。今までにない

多種多様な参加者です。顕真学院の中でポルトガル語、日本語が入り乱れています。

先月はオーストラリア、台湾出身の人も参加され、国際色豊かになってきました。

妊婦さんは親鸞会館から顕真学院へ一緒に移動する時、ご主人とお子さんが

見送りに来られていました。いろいろと心配でしたが、「2人目だし、

安定期だから大丈夫」と言われていました。弁護士さんは溜まりに溜まった仕事を

キレイさっぱり片付けてきました、と言われていました。今回、参加が

実現できたのは、4月は新年度で、他の時期に比べ、法律のトラブルが

少なく、また、今は大きな仕事がないから、参加ができた、と言われて

いました。

 顕真学院での研修は小学生から年配の方まで、いろいろな人が

参加されています。気持ちが一番大切ですので、「参加したいんだけど、

こんな事情があるし・・・。」と躊躇されている人がいましたら、是非、

1度、相談して頂きたいと思います。