そのまま!

本日、再々更新!!!今日はたくさんアップする話があるんです。

今日、Y先生が「雪という字はなぜこのように書くか、知ってますか?」と

言われました。「雪という漢字は『雨』とカタカナの『ヨ』に分解できますね。

雨が寒気団を通って雪になる、雨よ、ということなんですね。」と言われて、

首をかしげる人、半分。納得する人、半分。首をかしげる人に再度、

同じ説明をされても、わからない様子。Y先生が「難しく考えないで、

言葉通りに受け取ればいいんだよ」と言われても、頭の中の「???」が

取れない様子です。ある人が「寒気団と『ヨ』の関係がわかりません」と

言うと、「(雪は)雨だよ、ってことだよ。わかった?」と言われると、

わかった様子でした。こんな頭のストレッチも必要ですよね。


福井の大雪が全国ニュースになりました。国道で950台が身動きが

とれなくなったとか。JRは今日1日!上下線とも在来線、特急運休でした。

今日から短期研修です♪

余りにも更新をさぼっていたので、本日2度目の更新をします…。

さて、今日から顕真学院で1週間の研修が始まりました。今回、北は

北海道から南は沖縄の方まで参加されています♪沖縄から来られた人は

生まれて初めて雪を見られたそうで、飛び上がって喜んでおられます。

明日、雪かきしたい、と言われているほどです。前回の記事でも

書きましたが、皆さん、吹雪の中、集まってこられました。。。中には

土曜日から顕真学院に来られ、日曜日のテレビ座談会は顕真学院で

聴聞された人もありました。

 そのテレビ座談会では歎異抄2章に書かれてある「親鸞におきては

『ただ念仏して弥陀に助けられまいらすべし』」のお言葉について

聞かせて頂きました。

 これは親鸞様、どうやって弥陀に救われられたのですか、という

私たちの問いに親鸞聖人が答えられたお言葉です。ずばり、

「親鸞はただ念仏して弥陀に助けられたのだ」と仰っておられます。

こう聞くと、「ほ~。念仏さえ称えておれば助かるのか」と思いますよね?

「こんな雪の中、仏教を聞きに行かなくて助かる」と思いませんか?

事実、浄土真宗のほとんどの学者が「念仏さえ称えておれば助かる」と

歎異抄の解説書に書いているので、門徒の皆さんもそう思って

おられるでしょう。もし、念仏さえ称えておれば助かる、遠いところまで

聞きに行く必要がなければ、お釈迦様が「易往而無人」と言われるはずは

ありません。(詳しい解説はこちら)

 歎異抄2章冒頭に身命を賭して親鸞聖人のもとへ聞きに来た関東の同行が

描かれていますが、念仏さえ称えておればいいのなら、そんな命がけで

聞きに来なくても、関東で念仏称えておればいいのです。

 稀に見る大雪で今回の研修がどうなることかと思いましたが、大雪を

乗り越えられて、一人も欠席されることなく、今日から研修スタートです!

福井の積雪は数センチ?

昨日、福井は大雪でした。テレビ座談会で福井の雪の様子を聞かれ、

顕真学院の積雪は数センチ、とありましたが、断じてそんなことは

ありません!!!その後、福井市の親鸞学徒、数名から

「ここ(福井市内)と違って、顕真学院は雪が数センチしかなくて

いいですね~」と言われ、「そんなことないですよ。この辺と変わり

ませんよ」と弁明しました。事実、朝、車を出す時、雪かきしましたし、

2時間、車を止めただけで、車に、こんもりと雪が積もっていました。

そして、一晩たって、朝、起きたら、こんな感じになっていました・・・。

車
何か、わかられますか?車です・・・。救出するのに、かなりの時間が

かかりそうです。外出する気も失せます。

バス
これは親鸞会のバスです。屋根にかなりの積雪があります。タイヤも半分以上、

埋まっています。

 これだけ雪が降ったのは珍しいです。田んぼと道の境目がわかりづらく

なっています。もし、「福井(特に顕真学院)は雪が少ないんだ」と思われて

いる人がいたら、福井はすごい雪ですので、訂正します。