年賀状の書き始めは?

年賀状もぼちぼち書き進めて行かなければならないとは思いながら、

なかなか進まないものですね…。

間違っても無地のポストカードで年賀状を書く人はいない…と思います。

さて、親鸞学徒ならば年賀状に「あけましておめでとう」と書くことの

ないようにしましょう。なぜなら、1年過ぎたということはそれだけ嫌な

「死」に近づいたのですから、おめでたくないからです。

ではどう書き始めるか。「謹賀新年」「謹んで新年のご挨拶を申し上げます」

「迎春」あたりになるでしょう。

ちなみに新年に人に会った時のあいさつは「今年もよろしくお願いします」です!