ごみの分別は難しい…。

エコが叫ばれる昨今。限りある資源を大切にするのは大切ですよね。

資源の有効活用する一つの方法として、「ごみの分別」があります。

資源として再生できるものとそうでないものを分けるのは、大事な

ことですよね。しかし、市町村によって、分別の仕方はまちまちで、

中には「ここまで細かく分けるの!?」と驚く所もあります。私が

以前、住んでいた所は非常に厳しくゴミの仕分けがなされていて、

特に燃えないごみが厳しく、時にゴミ袋をひっくり返されて、

キチンと分けてあるかチェックされました。。。

顕真学院で「これは燃えるごみか、そうでないか」という話があり、

その話の中で「ゴミの表記」は市町村でそれぞれ違う事がわかり

ました。まず「可燃ごみ」。「燃えるゴミ」は一般的でよく聞きますよね。

他に「燃やせるゴミ」「燃やすごみ」があるそうです。「不燃ごみ」は

「燃えないごみ」と表記される所が多いと思います。

他に「燃やさないごみ」「燃やせないごみ」など聞いた事ない表記も

ありました。

そんな話を聞かれたY先生が「日本語がおかしい!」と一喝。

「『燃えるごみ』『燃えないごみ』でわかるでしょ!」とのこと。近頃、

言葉づかいが乱れていると聞きますが、こんなところにも言葉の

乱れがありました…。

TrackBack URL

コメント