【上司で終わるのは失礼】とは?

会話などは必ず上司で終わらないように心がけましょう。

どんな事か?今朝の顕真学院の食事の様子から見てみましょう。

(今日は顕真学院で講演会がある日です。)

Y先生 「今日、○○さんが講演会に参詣されたら、きちんとお礼を言うんですよ。

     ○○さんの顔わかる?」

学院生「・・・・・・・」

Y先生 「・・・上司で会話が終わるというのは失礼だという事を知らない?」

Kさん 「聞いたことがあります。」

Y先生 「どんなこと?皆、わかる?」

Wさん 「わかりません。」

Mさん 「わかりません。」

Y先生 「今、『私が○○さんの顔わかる?』って聞いたでしょ?それに対して、何の

    反応もしてなかったでしょ?無視したでしょ?これが上司で終わるってこと。」

W&Mさん「わかりました。」

しかし、その後もY先生が学院生に話しかけられても、無反応ということが続きました。

教授の皆さんから「ほら、今も反応してないでしょ?」と言われ、何とか一人、二人、

反応するようになりました。。。知った、覚えた、とわかった、というのは違います。

何の難しいこともないので、聞く、覚えるのはすぐにできても、理解して実行するのは

なかなか難しいです。

 顕真学院だけでなく、どうやら今の学生はそんな人が多いようです。学校で、きっと

教えてもらわないから、わからないのでしょう。知識、技術も大切ですが、同じぐらい

礼儀など徳育も大切だと思います。

TrackBack URL

コメント