キチンと答えよう!

今日で1ヵ月研修の人の研修が終わります。

誰にでも欠点はありますが、それを自覚し、改善するのは

とても難しいことです。

 こんな会話がありました。

(Mさんが東京にいる時、よくお弁当を作ってもってきた、という話から)

Y先生「Mさん、毎日、お弁当を作っていたの?それとも、おにぎり?」

Mさん「作れるときに作っています。」

Y先生「それできちんとした受け答えになっていると思う?この1ヵ月、

    あなたとの会話はほとんどこんな感じのことが多いわね。聞かれた人が

    喜ぶような答え方は何だろうか、と計らっているの?」

Mさん「東京にいた時も、きちんと受け答えしていないとたびたび言われることが

    ありました。」

Y先生「また…。聞かれたことに答えていないでしょ?」

Y先生が質問されたことにMさんが答えていないのはわかるでしょうか?

最初の質問は「お弁当を作っているますが、時間の無い時はおにぎりです」と

いうように答えなければなりませんし、次の質問はハイ、か、イイエで答えられ

ますね。

 さらに別のところでは…

Y先生「今日、誰が迎えに来られるの?」

Yさん「親が…」

Y先生「親だと、お父さんかお母さんのどちらが来られるか、

    わからないでしょ?」

Yさん「二人とも…」

Y先生「こういう時は『両親が迎えに来ます』と言うんですよ。」

 これは言葉の教室で教えてもらっている「身内の呼び方」を

思いだしてもらえばわかると思います。

 9月も終わり今月もいろいろな事を感じました。特にスタートダッシュが

大切という事と、身を正すにはまず心から、ということを感じました。

 明日から10月。どんな月になるでしょうか。