熱湯消毒

顕真学院では夜、食器、スポンジを熱湯に浸けて、消毒をしています。

食中毒が出ないようにする為です。家庭でこのようにしているところは

少ないのではないでしょうか。

熱湯に浸ける時間は、椀は30秒、プラスチックの食器、陶器は1分以上です。

同じお湯を使うので、食器→食器用のスポンジ→シンク用のスポンジの順番で

しています。この順番を間違うと熱湯消毒の意味が無くなってしまうのは皆さん、

わかられると思います。

衛生面に気をつけることで感覚を磨いています。