今日の食卓…

今日で8月も終わります。明日から9月とは思えないほど、残暑が厳しく、

秋の訪れはまだまだ遠そうです。

さて、食事中の話題として、食欲を無くすような話は当然、NGです。

わかってはいても、何か話をしなくてはならない!という状況に追い

詰められたら、そんな事が吹き飛んでしまい、場に合わない話をして

しまいそうになりませんか?

例えば、こんな話が今日の食事の時に出てきました。

・夜行バスで移動しないといけなかったので、シャワーが浴びれませんでした。

その後、こんなことを言う人がいました。何がおかしいか、わかりますか?

・F館の御仏壇を拝観させて頂きました。とても立派な御仏壇でいつまでも

見ていたくなりました。

 他にも御仏壇を見ているような人がいました。・・・・・

これを聞いた学院生に何がおかしいのか、尋ねられたのですが、

・わかりません。

・「見ているような」と言うと、見ているのか、いないのか、わからない

という答えが返ってきましたが、「御仏壇を見られている人」が正しいです。

同じ部屋にいて、見られているのがハッキリしているのに「ような」は

おかしいです。

食事には人格が表れる

以前、ある人からこんな事を言われた事があります。

「食事の席ではその人の人柄がすべて表れる」

箸の持ち方、食器の持ち方、食べ方など、どんなに注意を払っていても、

人格が出てしまう、ということだそうです。確かに一人で食事をすると

気楽です。誰かと食事をすると、特に食事の席で私が一番、下の場合、

何かと気配りをしなければならないので、緊張してしまいます。

 さて、昨日、顕真学院ではホットプレートを出してきて、皆で焼きそばを作りました!

 Oさん(女性)の皿を見た人が「何これ!!!」と叫んだので、見たところ、

こんな状態でした。

焼きそば
マヨネーズが大胆かつ豪快にかけてあります…。男性でもどうかと思いますが、

女性なら尚更です。一人で食べるなら、マヨネーズを山盛りにしても誰も何も

思いませんが、皆で食事をする時は考えた方がいいですね。

お聖教は大切に!

仏教の理解の浅さが原因だと思いますが、時々、お聖教を床に直接、

置いたり、お聖教の上に物を置いたり、お聖教の上で書き物をしたり

する人を見ます。仏教にはどんな事が教えられているのか、本当に

わかったならば、そんな事はしようと思ってもできるものではありません。

 教行信証は親鸞聖人が激しい布教の合間に、ご執筆され、一通り

書き終えられても常に手元に置かれ、亡くなられるまで加筆、修正を

重ねられたお聖教です。御文章は蓮如上人のお孫さんである円如上人が

全国各地に点在していた御文章を一つ一つ歩いて集められ、今のような

80通の御文章を編纂され、しかし、余りの激しさに完成と同時に

亡くなれたと言われる文字通り命をかけられたお聖教です。

教行信証と並んで浄土真宗では特に大切にされているお聖教です。

お聖教を書かれた善知識方のご苦労は計りしれませんが、ご苦労に

ご苦労を重ねられて書かれたお聖教だとわかれば、とても粗末に

するような事はできませんよね。

~おまけ~

 顕真学院のほんの近くで花火大会がありました!

 打ち上げ始めから最後まで見ることができました!!!

花火
携帯のカメラで撮ったので、綺麗ではないですが、こんなもんですかね。。。

夏の風物詩を見れて、皆、満足していました♪

わかっちゃいるけどやめられない

8月もあと1週間足らずで終わってしまいますね。そろそろ全く手を

つけていない夏休みの宿題に焦り出す子供が多そうです。かく言う私も

そんなラストスパート組の一人でした。毎年毎年、夏休み前に「あんな

辛い思いはもうたくさん!今年こそ、宿題を少しずつして、最終日、

遊んでやる!!!」と自分なりにの固い決意をして夏休みが

スタートするのですが、いざ、始まってみると、そんな決意も

どこへやら。結局、最後の1週間で宿題を泣き泣きやる、という

パターンを繰り返していました。特に日記関係って、大変ですよね。

日記にはなぜか、天気を書かないといけなかったので、毎日、

日記をつけていたか、どうかが一目でわかり、最終日に半分も

書いていなくて焦った記憶があります。

 わかっちゃいるけど、やめられない。小学生ながら、やるべき事を

やらないと最後、大泣きをすることになると、毎年、学び続けた

夏休みでした…。

今日の出来事

今日、厨房でこんな会話があったそうです。。。

A先生「玉ねぎの皮をむいたら、もう一度洗っておいてね」

Tさん「わかりました!タワシで洗えばいいでしょうか?」

A先生「・・・・・・」

Tさんは若い女性です。

また食事片付け中に…

Oさん「箸は洗剤を使って洗った方がいいでしょうか?」

Kさん「・・・・・・」

日々、バラエティ番組よりも面白いことが起こっています。

領収書の取り方

社会に出ると、領収書をとる機会が増えると思いますが、案外、どんな時に

領収書をとらなければならないのか、また、領収書の取り方を知らない

新社会人は多いと思います。学校ではまず教えてもらえないですし、

領収書が必要な機会は無いですよね。先日、ある学院生が公金で買物を

したのですが、領収書を取らずに、帰ってきました。お釣りを受け取った時に

「領収書はいるのでしょうか?」と聞いてきて、驚きました。この学院生も

例に漏れず、どんな時に領収書が必要なのか、わかっていませんでした。

 会社だと、出張した時、交通費、宿泊費など仕事上、必要なお金は領収書と

引き換えに会社から出してもらえます。個人の用事ではなくて、会社の用事で

行動したのですから、当たり前なんですが…。

 では、いざ、領収書を取るとなると、案外と難しいものです。失敗したことが

ある人は少なくないと思います。

 領収書を取る時にポイントとなるのは以下の事です。

①支払った月日が記載されているか
②宛名(私の所属している会社・団体名)が間違っていないか
③金額の前に¥マークがあるか、金額の後ろに-が書かれているか
④金額(3万円以上の場合、収入印紙が貼られているか確認)
⑤店・会社の住所が書いてあるか
⑥社印もしくは個人印が押されているか

詳しいことを知りたい人はこちら

 金銭の事はキチンと管理して、イヤな思いをしないようにしたいですよね。

金銭授受は要注意!!

今日から学生さんの夏休みを利用しての研修が始まりました。

今回、研修を受けに来た人はすごくラッキーです。

と言うのも、今月、某有名レストランの現役のシェフが研修を受けに来られて

います、と当ブログで紹介しましたが、今日、その一流シェフが昼にその腕を

振るってもらいました。パスタ、サラダ、スープ、デザートのオーソドックスな

ランチでしたが、一流のシェフにかかると、こうも見た目から違うのか、と

思うほどで、お店で食べたら、2000円出しても食べられないのではないか、と

言う人もいました。至福の一時でした♪

さて、今日は金銭の話です。

金銭を授受する時は必ず日付け、金額、何のお金か、を書いたものをお互い

持つ事がとても大切です。入金伝票や出金伝票、領収書がそれに当たります。

金銭トラブルはこういった物をお互いの手元に残さず、手渡しで金銭の授受を

した時に非常に起こりやすいです。人間ですから、言い間違いや聞き間違い、

忘れたりはお互いにあるので、手渡しは非常に危険な行為です。いったん

金銭トラブルが起きると、人間関係が崩れてしまい、また、周囲の人を

巻き込んでしまったり、お互い後味の悪い思いをしなければなりません。

伝票を切ったり、領収書を書くのが面倒くさいという人がいますが、

金銭トラブルの深刻さがわかれば、このような心は無くなります。金銭の授受は

避けて通れない事なので、気をつけていきたいと思います。

傷だらけの携帯電話

時々、傷だらけの携帯電話を持っている人を見かけます。随分前に

なりますが、そんな携帯電話を持っている人に何年、使っているのか、

聞いたことがあります。その人の答えは2年でした。どう見ても7、8年は

使っている物としか思えず、どうして、そんなに傷だらけになったのか、

続けて聞いてみると、何度も携帯電話を落としたから、と言っていました。

長く使えば使うほど、だんだんと傷もついたり、汚れてきたりしますが、

中には綺麗な状態を保っている人もいます。物を大切にすることは

とても大事な事ですし、あんまり傷だらけのものは機種変更した方が

いいですよね。携帯電話の状態を見るとその人の人柄がわかる

ような気がします。

語感の大切さ

言葉を選ぶ時、語感も大切だと言葉の教室で教えてもらいました。

「やる」の場合、そもそも「やる」という言葉自体が粗野な、相手を

下げるような印象を受けますが、「やる」の相手を上げる形は

「やられる」ですね。しかし、「負かされた」「殺された」と言った意味で

とらえられてしまう可能性が大いにあります。これは極端な例ですが、

語感によって、こちらの意図した事が相手にうまく伝わらないことが

あると、とてもわかりやすく教えてもらいました。相手の心、意図を

汲み取らないと相手を怒らせてしまったり、呆れられてしまいます。

今日、こんな会話がありました。

X「今日も暑くて熱中症で亡くなられた人が、夫婦であったそうです」

Y「それはどこで起きたのでしょうか?」

X「アパートの一室で…」

Y「・・・・・・」

Yさんが聞きたかったのは、「アパートで」ということではなくて、「県、市町村名」が

聞きたかったのですが、うまく伝わらなかったようです。双方に問題がありますが、

きちんと聞きたいことが伝わるように、また、聞いてきた相手が何を聞きたいのか、

しっかりと知ることが円満な人間関係を築く時には大切ですね。

~おまけ~

Tさんが髪を切りに行きました。そんなTさんがこんな事を言っていました。

T「Aさんが昨日、バリカンを持ちながら『私が(髪を)切ってあげます』と言ったので、

 今日、急いで(髪を)切ってきたんです。」

勿論、Tさんの冗談ですが、冗談にしても、信用は一つの財産だとしみじみ思いました。

新洗面台!

本日2度目の更新です。

今日、親鸞会館に入っているレストラン祇園で1日、お手伝いをしました。

いろいろと発見があるのですが、今回大きな発見はこれでした!

洗面台
厨房内に新しい洗面台が設置されていました!この洗面台はそんじょそこらに

ある洗面台とは違います!見にくいですが、左の緑の蛇口からは石鹸液が、

真ん中の青の蛇口からは水が、右の赤い蛇口からは消毒液が手をかざすだけで

出てくるという優れもの!美味しい食事は衛生面から、というレストランの

意気込みを感じます♪