顕真学院の熱い戦い?

連日、各地で猛暑日が続いて、聞いているだけで、うんざりしてきます。

岐阜の多治見で最高気温が39度となったそうで、今からこんなに暑くては、

8月になったら、どうなってしまうのだろうか、と心配です…。

 暑い日が続いていますが、顕真学院でも”熱い”戦い?が繰り広げられて

いました。Aさんが食事の時にTさんとの”攻防”を話してくれました。


~昨日の朝の掃除~

Tさん「♪♪~♪~♪♪♪~…」

Aさん「Tさん、今、鼻歌を歌っていましたよね?」

Tさん「…イイエ。。。」

Aさん「自覚がないんですか?」

Tさん「ハイ。。。」

という問答があったそうです。間違いなく自覚があるはずだと思ったAさん。

納得がいかず、でも、一筋縄ではいかないと考え、策を練ってその日の夜、

お風呂場で再び戦いが始まったのです…。

~お風呂場にて~

Aさん「朝、歌っていた鼻歌は何て言う歌なんですか???」

Tさん「隅田川です

Aさん「やっぱり鼻歌歌っていたんじゃないですか!でも、隅田川???」

Aさん「…神田川じゃなくて?

Tさん「そうでした。神田川です…」

Aさん「……神田川、好きなんですか?」

Tさん「はい、好きです。」

 これで終わりかと思いきや、

Aさん「この後、話を聞いたら、実はTさん、神田川の歌詞がわからないそうです」

の言葉にビックリ!その一連の話を聞かれたO先生が、

「T君、神田川のエピソードは知っているか?」

「はい、知っています」

「じゃあ、何や?」

「…わかりません。」

その後、Tさんはよく鼻歌を歌っていることがわかりました。

普段、寡黙なTさんの面白い?一面が新たに垣間見られた時間でした…。

TrackBack URL

コメント