懇親会がありました♪

昨日、懇親会に行ってきました。

ちょうど、前総理大臣、鳩山さんが一緒のホテルに泊まっていたようです。

なぜ、鳩山さんがいたのか。聞くところによると、参院選挙の応援演説の

為のようです。自分の姿というのは、本当にわからないんだなと反省します。

さて、懇親会は、イミズムのライター、もん太さんと同室で、

また、私が富山にいた時にお世話になった人達と一緒だったり、楽しい

懇親会でした。懇親会の食事の席では、言葉づかいが話題に。

・花に水をあげる。
・ネコに餌をあげる。

といった違和感のある言葉づかいから、健康をテーマにしたテレビ番組に

出演する医科大の教授が

・(自分のお)腹をさすってあげて下さい。
・(自分の)足を揉んであげて下さい。

と言った言葉づかいをしている事が話に出てきました。言葉の乱れは思想の乱れ。

言葉づかいの基本、初歩の初歩を言葉の教室で教えてもらっています。考えれば

わかっても、考えずに自然とパッと出てこなければ、身についたとは言えません。

会話はリアルタイムで進んでいくのですから、その時その時、正しい言葉を瞬時に

選び、使わなければ、相手の気分を害し、人間関係に多大なる影響を与えます。

私のことはわからないものです。周囲から言われなければ、間違いを間違いと

知ることもなく、正しい言葉づかいをしていると自惚れ、知らず知らずのうちに

人間関係が悪くなっていく、なんてことがあるかもしれません。何事も基本が

大事ですが、言葉の教室で、基本が”身につくまで”繰り返し、教えて

もらわなければならないと思いました。

研修が始まりました♪

福井はじめじめと梅雨らしく蒸し暑い日が続いていますが、皆さんの所は

いかがですか???不快指数が高いと食欲も落ちてきますが、体調を

崩さないように元気で頑張りましょう!

さて、今日から顕真学院で1週間の研修が始まりました。

今回、なんと、親鸞学徒になられて3ヵ月の人が参加されています。奥さんを

看病されていて、家事全般をされておられるそうです。初日を終えて、正しい

掃除の仕方などを学ばれて、とても感動されて、喜びが大きいのか、その感動を

食事中にずっと話をされていました。その中で親鸞聖人の教えを聞かせて頂き、

人生がガラッと変わった。特に因果の道理を知ったことは大きかった。

(苦難がきても)過去世の自分の種まきと思うと納得できます。聞かせてもらう

ほどに、喜びが大きくなり、頑張ろうと意欲が出てきます、と言われていました。

高森顕徹先生著の「なぜ生きる」にある記述を思い出しました。


生きる目的がハッキリすれば、勉強も仕事も健康管理も

このためだ、とすべての行為が意味を持ち、心から充実した人生に

なるでしょう。病気がつらくても人間関係に落ち込んでも、競争に敗れても、

「大目的を果たす為、乗り越えなければ!」

と”生きる力”が湧いてくるのです。


光に向かう親鸞学徒は、光り輝いているように見えます。それは仏縁に

恵まれた事を喜び、人生の目的、達成に向けて、力強く進んでいるからでしょう。

研修会に参加しました。

今日は久々に親鸞会館で行われた研修会に参加してきました。

私は福井にいることもあり、中々、参加できないのですが、そんな私を見て、

会う人会う人に「何でいるの?」とビックリされて、質問されました。しかし、

そんな質問が会話の糸口となり、話が弾み、自然と笑顔になるから、とても

不思議です。縁があって同じ志に生き、共に光に向かって進む同志と久しぶりに

ゆっくりと話ができて、それだけでもとても有り難い機会になりました。同じ目的に

向かって進む仲間がいると、心強く、目的に向かって力が湧き上がってくるから、

とても感謝しています。

 学校や会社で、クラス全体、部署ぐるみで仲が良いというは私の経験上、中々

稀なことだと思います。何だかかんだと、派閥というかグループが出来がち

ですが、親鸞学徒同士だとそんなこともなく、生まれ、年齢、人柄、性別など

関係なく、すぐに仲良くなるので、これは親鸞学徒ならではと思っています。

また、機会があれば、研修会に参加したいと思います!

~おまけ~

 顕真学院で学ぶことを当ブログで紹介していますが、社会人として当たり前の

ことであり、様々な知識・技術を持っていても、当たり前のことができない人は

団結にヒビを入れることになり、せっかく様々な知識・技術を持っていても

生かすことができず、残念な結果に終わってしまいます。

 身だしなみ一つとっても、キチンとしている人は仕事をキチンとやりそうと

いう印象を持たれ、チャンスに恵まれやすいと思います。逆にだらしない人は

第一印象も悪いですが、見た目通り、いい加減な仕事をすると、一気に信用を

落とします。

 当たり前のことを当たり前にするのは、そのような習慣がないと、思っている

以上に大変ですが、一つの財産になるので、私も最低限の事はやらないと、

と思います。

父が喜ぶもの

一昨日は父の日でした。

父へのプレゼントは悩みました。どんな物なら喜んでもらえるのか。

ハンカチやネクタイだとありきたりだし、花という感じでもない。

そこで周りにいる”お父さん”の意見を参考にしようと聞いてみたのですが、

「気持ち」と言われてしまいました。

そんな父の日を終えて、昨日、食事の時、世のお父さんは何を貰いたいか、と

いうアンケートをテレビでやっていたとY先生から教えてもらいました。

その結果を聞いて、物悲しい気持ちになりました…。

1位はこちらを見て話をして欲しい…という結果だったそうです。

それが叶わぬなら、お酒を一緒に飲みたい…となんとも、哀愁漂う結果に。

そう言えば、母の日は昔からあるそうですが、父の日は母の日より後に

できたそうです。邦楽を見ると母の歌は多くありますが、父の歌というのは

あんまり聞かないように思います。

そのような中、去年、FUNKY MONKEY BABYSの「ヒーロー」がヒットし、

紅白にも出場していました。

お父さんの苦労、恩というのは目に見えにくいんでしょうか?それとも、面と

向かってお礼を言うのは照れ臭いんでしょうか?

何はともあれ、ここまで私が大きくなったのはお父さんのお陰ですから、

父の日だけとは言わず、普段から孝行に心がけていきたいと思います。

珍しい来訪者

今日は梅雨には珍しい晴れた一日でした。晴れただけなら良かったのですが、

夏を思わせるような日差しに気温!うっかりしていると夏バテしてしまいそうです。

今日は顕真学院に珍しい来訪者がありました。

ではその写真をどうぞ。

鳥
ちょっと見づらいですが、左の方に鳥のシルエットが見えますよね?どこから、

迷い込んだのか、突然の出来事に驚きました。全く手の届かない高い所に

とまっていたので、天窓を開けて逃がそうとするも、なかなか逃げません。

Y先生も「何でそっちに行くんや。出口はこっち!!!」とやきもきされていました。。。

こちらは助けたい一杯なのに、鳥にこの心がわかるはずもなく、出口とは違う方向に

あちこちと飛び回っていました。結局、長い棒を持ってきて、何とか天窓まで導き、

迷い鳥は大空へ飛び立っていきました。。。

迷い込んだ鳥を逃がすのですら、大変なのに、阿弥陀仏が苦しみ悩んでいる私たちを

助けようとされているご苦労は計り知れません。この鳥に私の姿が重なり、一層、

頑張らなければ!と思いました。

会食会の手伝いをしました!

昨日の話ですが、会食会の準備をすることになり、料理の盛り付けと配膳の

手伝いをしました!メンバーは当ブログの登場人物3人+学院生です。

しかし、早々にモカさんは調理場に引きぬかれ、かき揚げを揚げていました…。

なぜ、モカさんが引き抜かれたのか?それはまた別の機会で紹介します。

さて、ショコラさん陣頭指揮のもと、盛り付け、配膳がテキパキと進んでいき

ました。それもそのはず、もともと大人数の食事準備が仕事である事に加え、

どうしたら美しく、早く作業が進むか、ということに細かく気を配っていた

ショコラさん。そもそも年季が違います!とても勉強になりました。

 大人数で作業をする時、メンバーも大切ですが、誰が責任者となって、

作業を進めるかで全体の作業スピードが変わると思います。先を読み、

手を止める人が出ないように指示を出したなら早く作業が終わりますし、反対に

全体を把握できず、その場その場で指示を出す人なら、スムーズに作業が

進むことは難しいでしょう。だから、指示を出す人というのは色々な事に気を

遣うので大変です。今回、手伝いに入って、とても勉強になりました。

モカさんの趣味

顕真学院のニューフェイス、モカさんがやって来て、もう1週間が経とうと

しています。先週、このブログでちょこっと紹介しただけですが、早くも

反響がありました。ありがとうございました。

今日はモカさんの知られざる趣味を紹介します。

モカさんは70年代あたりの洋楽ロックが好きで、O先生とかなりの

盛り上がりを見せ、誰もついていけませんでした…。

モカさんの洋楽ロック好きは何と富山で半年ほど付き合いのあるKさん、

1年ほど付き合いがあるHさんも知らなかったというまさに知られざる趣味

なのです!

(この二人はモカさんと親しく話している仲です。ちなみに男性です。)

 ビートルズ世代の洋楽ロックを聞く人がいましたら、是非、モカさんと話をして

みて下さい♪

ワールドカップ開催で思うこと

いよいよワールドカップ南アフリカ大会が開催となりましたね。今夜、日本の初戦が

行われます。頑張れ!ニッポン!!

 ワールドカップは4年に1度行われるのは皆さん、知っておられると思います。

ラジオで4年に1度のワールドカップ開催ということで「4年前、何をしていましたか?」と

いうテーマで投稿を募っていました。皆さん、4年前は何をしておられましたか?また、

今の自分は4年前、想像していた通りですか?多少、想像とは違うけど、だいたい

想像通りと言う人、全く予想外だったと言う人、いろいろだと思います。4年の月日は、

振り返るとあっという間ですが、確実に”私”に大きな影響を与えていませんか?

 今の私の状況は4年前の私が想像していたものとかなりかけ離れたものになり

ました。まして顕真学院のブログを書いているなんて、夢にも思っていなかった嬉しい

出来事です。4年前の私に今の私の状況を言ったなら、きっと驚くというより全く

信用してもらえないと思います。それほど密度の濃い時間が流れていったのですが、

4年前、私はいわゆる”サラリーマン”でした。それがひょんな縁で、その年の8月末に

会社を辞めて、顕真学院の門の前に立ち、人間の基礎を教えてもらう研修に

臨んでいました。そんな人生の大転換点を迎える直前が4年前の6月でした。人生、

どこにどんな転機があるのか、わからないものだと実感します。今から4年後、

果たしてどうなっているのか、わかりませんが、親鸞学徒の一人として少しでも

成長できるように、頑張りたいと思います。

世界の国からこんにちは

先週の5・6日に親鸞会館で行われた親鸞聖人降誕会には世界各国から

親鸞学徒が集いました。

降誕会の後、何カ国かの親鸞学徒が顕真学院に見学に来られました。

実は今日、顕真学院で学院生がどんな生活をしているのか、体験して

みたいと1泊しされている人もいます!!このような泊りがけで見学と

いうのは初めてのように思います。中には是非、顕真学院で研修を

受けたい!と希望されている人もいるとか。顕真学院が国際色豊かに

なるのもそう遠くない未来なのかもしれません。凄いことになる予感がします♪

別れと出会い

本日、2回目の更新です。

昨日からですが、突如、ベリーさんが富山へ異動となりました…。

あまりの突然の知らせに茫然としました。

長らく厨房で顕真学院を支え、また、花博士ということで、顕真学院の

ブログでも、観察日記や旅日記と人気連載記事を書いてくれていて、ファンも

多く、また反響も大きかったです。

会者定離、会うは別れのはじめと言われ、必ず別れる日が来ることはわかって

いながら、寂しい気持ちが出てきます。

”会者定離 ありとはかねて 聞きしかど 昨日今日とは 思わざりけり”

親鸞聖人が35歳の時、越後流刑になられ、お師匠様法然上人との別れを

惜しんだものです。聞いて、知った覚えたの会者定離と、実際、体験する

会者定離は全く違う重さがあります。出会った人とは必ず別れなければ

ならないとは聞きながら、それでも明日ではないだろう、明日ではないだろうと

思い続け、実際、目の前に突きつけられたら、こうも違うものかと、思いました。

先週も顕真学院で学んだ人が新天地に旅立ち、別れが重なりましたが、

ベリーさんの活躍を念じ、私も精一杯頑張りたいと思います。


 別れがあれば、出会いもある、というわけで、ベリーさんに代わって、昨日から

通称モカさん(ショコラさん命名)が新しく仲間に加わりました。生まれは福島県。

得意料理はカレー、ダシ巻き卵!日本一の料理人を目指して修業中の

ナイスガイです!

 このブログでもガンガン紹介していきますから、どうぞよろしくお願い致します♪