今日はことばの日

今日は”ことばの日”ということで、正しい言葉づかいを心掛ける日だそうです。

正しい言葉づかいを心がけようと思って、気をつけてみると、何が正しくて何が

間違っているのか、自分で気づくのは難しくありませんか?言葉づかいは

教えてもらったり、また、他人の言葉づかいで気づいたりすることが多いように

思います。だから、言葉の教室で正しい言葉づかいについて教えてもらうことが

できて、とても有り難いです。今さら聞けない事や間違って理解していた事など

学ぶことがたくさんあります。親鸞学徒にとって言葉は命。言葉のセンスを磨いて、

相手がビックリするような言葉づかいをしないように反省、向上していきたいですね。

 私ごとですが、ブログを始めてから、話し言葉と書き言葉の違いを感じる事が

多くあります。特に強く感じるのは”変換”です。

 会話している時は気にならないことですが、文章を書く時に、一つの単語を漢字に

するか、ひらがなにするか、カタカナにするか、で受ける印象は変わるので、気に

なることの一つです。

 例えば、こんな文章でも表記の仕方で受ける印象が違いませんか?

 ご飯を食べる。
 ごはんを食べる。
 ゴハンを食べる。

 どうですか?同じ「ごはん」という言葉が表記の違いで、お米を炊いた「ごはん」や

食事を指す「ごはん」、また受ける印象が柔らかい、固いなど人によって様々な

印象を持たれたと思います。ちょっとした違いではありますが、わかりやすい、

読みやすい文章を書けるよう、研究、反省をしていきたいと思います。