今日は母の日

今日は母の日。人間に生まれなかったら、また、この両親のもとに生まれなかったら、

きっと親鸞聖人の教えを聞くことはなかったと思います。何か一つ欠けても今の私は

ないんですから。それがわかると両親に感謝の気持ちが出てきます。親鸞聖人の

教えを聞くようになってから、両親に感謝の気持ちが出てきたと言う人をよく聞きます。

なぜ、親に孝行しなければならないのか。この理由をハッキリと知った親鸞学徒に

とって母の日、父の日は感謝の気持ちをあらわす良い機会ですよね。皆さんも

お母さんに何か贈りものをされたと思いますが、私も離れて暮らす母にプレゼントを

贈りました。

 今年、贈ったものは母としてはとても良かったらしく、喜びの電話がかかってきました。

事前にそれとなく何が欲しいか、聞いたのが良かったのだと思います。贈りものをする時、

相手の好みを知るのは大事だと教えて頂きます。せっかく贈るなら、喜んでもらいたい

ですよね。私の場合、プレゼントを用意していることを知られないようにして、当日、突然、

プレゼントを渡してビックリさせるのが好き?と言いますか、せっかくなら喜びが何倍にも

なる演出を!と考えてしまいます。

 けれど、その努力は空しく、たいていはバレバレようですが…。