縁が無ければケンカもできぬ

ご縁になれば、と、縁ある人に仏教の小冊子を渡しています。今日、ガス屋さんにガス代を

納めて、いつものように小冊子を渡すと「こんないい本をいつも頂いて悪いから」とお店に

置いてあった売り物を少し分けて頂きました。

 お礼を言った時、「顕真学院ってどこにあるんですか?」と聞かれました。

私はてっきり、周りに建物がないし、看板も出ているし、場所ぐらいは知っていると思って

いましたが、勘違いでした。そして、「顕真学院では何をしているんですか?」と

聞かれたので、顕真学院はどんな所で何をしているところか、答え、

顕真学院を知ってもらう良い機会になりました。

 いつも縁がなければ、ケンカもできないと縁の重要性を教えてもらっていますが、

近くにいても縁が無ければ、顕真学院に入ることができないどころか、

どこに建っているか、知ることすらできないことがわかりました。同じ集落に

住んでいても、名前も知らない人がいるかもしれません。縁って本当に

大事ですね。不思議不思議のご縁で今、顕真学院にいるんだな、と思いました。

心の状態

今日は昨日とはうって変わって快晴で、日差しの暖かい朝を迎えました。

朝のお勤めの前にウグイスの鳴き声が聞こえ、春を感じました。

とある人が「仏縁があってから、ウグイスの鳴き声『ホーホケキョ!』が『法を聞けよ』と

聞こえる。ちょうど法座に参らせてもらおうと家を出たところだったりすると、ウグイスに

応援されているようで、何だか嬉しくなる。」と言っていました。

 大無量寿経というお経に「正覚の大音は響き十方に流る」と書かれています。

阿弥陀仏の呼び声は大宇宙に響き渡っている、という意味ですが、このような話を

聞くと、身の回りのちょっとした事も早く信心決定してくれよ、と私を押し出し、引っ張って

下されているのかなと思います。

 この話に限らず、心がどんな状態なのか、ということが物事の捉え方に大きな影響を

与えると思います。逆境の時はちょっとしたことを深刻に受け止めて、悩んだり、順境の

時はまるで世界中が私を応援してくれているようにさえ感じることもあります。

 1日1訓カレンダーに「最大の敵は心であり最強の味方も心である」と教えて頂いて

います。体調を整えることも大事ですが、心を整えることも大切だと思います。

くよくよして、落ち込んでいたら、せっかくのチャンスを逃してしまいそうな気がします。

心も元気に、光に向かって進ませて頂きたいですね。

南無六字の城

もう4月も目の前だというのに、冬に逆戻りをして、今日、雪がちらつきました。

今晩は冷えるそうですから、温かくして体調を崩さないように気をつけたいと思います。

昨日はテレビ座談会があり、顕真学院で研修を受けられた皆さんが南無六字の城の

城主となられて、大活躍をされたことと思います。

 今回のテレビ座談会では仏教は生きている今、人生の目的が達成できる、と教え

られていると聞かせて頂きました。すべての人にとって、もっとも大事な人生の目的。

聞きたいんだけど、聞けないと涙をのんでおられる人がテレビ座談会によって、ご縁を

頂けるようになりました。城主という使命の重さを感じますが、一人でも多くの人が

立ち上がり、各地に南無六字の城を築き、共に人生の目的を果たさせて頂けるよう、

光に向かって進ませて頂きたいですね。

事後報告

研修も今日が最終日。あっという間に時間が過ぎていったと感じたのは私だけでは

ないようです。今回の研修は姉妹や親子で参加された人がもっとも多かったです。

これはなかなかないことです!家族で光に向かって進むなんて、とても幸せなこと

ですね。

さて、研修に来られた皆さんが口々に「研修期間は長いと思っていましたが、あっという

間でした」と言われていました。今回も研修生の皆さんが喜びをたくさん語られて

いましたが、中でも「学院生の皆さんが輝いて見える」という感想がありました。

その理由は”事後報告”を見られてのこと。こんな細かく事後報告をしているとは驚き

ました、と舌を巻いておられました。事後報告をこまめにする人は信用される人です。

何かを依頼する立場に立ったらすぐにわかります。例えば職場で、誰かに、仕事を

頼みたい、となった時、事後報告をする人に頼みたいか、事後報告をしない人に

頼みたいか考えたら、事後報告をする人に頼んだ方が安心ですよね。それが大事な

仕事であればあるほど、必然的にそうなってきます。事後報告を心掛けるように

なれば、確実に周囲の私を見る目が変わってくると思います。

 私も心がけていきたいと思います。

研修を支える

今日で2日目の研修も終わり、研修に参加されている皆さんもだんだんと緊張も

解け始めています。

 実は前回と今回と研修人数が大幅に増えたことがあり、食事を作る手伝いに地元の

親鸞学徒や学生さんが顕真学院に来られています。皆さん、何かさせてもらいたい!という

気概が溢れておられます。学生さんは東海、関東、信州、北陸といろいろな所から

泊りがけで来てもらっています。慣れない仕事で大変だと思いますが、疲れも見せず、

笑顔一杯で頑張っていますよ。まだ、2日目ではありますが、手伝いに来て良かった!

という喜びの声を聞きます。いろいろな事を学べて、喜びが満ち溢れてくるんです!

とても良いものを頂きました!と喜びが爆発しています。

 他にも目に見えない所で様々な人に支えてもらい、前回、今回と研修が行われて

います。

 この事を心に留めて、自分の持ち場で精一杯、頑張りたいと思います。

いよいよ始まります☆

いよいよ今月2回目の1週間の研修が始まります。前回と同じ規模で、

初めての人が圧倒的多数です♪皆さん、緊張した面持ちですが、これが

明日になれば、満面の笑顔に変わることでしょう!やっぱり初めてのところは

不安でしょうし、どれだけ顕真学院のことを見聞きしてこられても、実際に

体験しなければ、完全に不安はなくならないでしょう。このブログでいくら

顕真学院は素晴らしいところですよ、と書いてみても、スイカを食べた事の

ない人にスイカの味を説明するようにもどかしく、やっぱり実際、顕真学院で

研修を受けてもらうのが一番だと思います。

 今回はどんな喜びの声が飛び出るのか、とても楽しみです♪

店員と間違われたら…。

お店に行ったら、時々、店員に間違われることってありませんか?

私はたまにありますが、そんな時、皆さんならどんな対応をしますか?

・「店員、じゃないです」とハッキリと言う。

・「それはですね…」と店員のフリをする。

だいたいこの2択だと思います。

実は今日、そんな話題になって、びっくりするような対応をする人がいました。

食べ放題のお店で、他の人から「お水はどこですか?」と聞かれたそうです。

その人は「どこか、その辺じゃないですか?」と言ったそうで、これを聞いた時、

冗談だろうと思いましたが、実話だそうです。

皆さん、どう思われますか???

顕正新聞に顕真学院の様子が紹介されました!

皆さん!顕正新聞の3月15日号を見ましたか???

裏の1面になんと!顕真学院の特集が載っているではありませんか!?

先日、当ブログで顕真学院が取材された、と書きましたが、その為だったんです。

顕正新聞を頂く前、編集部の人から

「顕真学院の記事、良い感じだよ~♪♪」と言われていたので、とても

待ち遠しかったのですが、ついに手元に届きました!!!

Image019~00
実物を切り取ったのではないかと錯覚してしまうほどの写真を始め、実際、研修を

受けられた皆さんの感想、喜びの声が掲載されていました!それと、このブログの

QRコードまで載せてもらい、感無量です♪私はすでに顕真学院にいますけど、

それでも何だか、顕真学院に行きたい気持ちが溢れ出てくるような、感動的な

記事でした。そんな大げさな!と思われるかもしれませんが、実際、顕真学院で

研修を受けられたら、大げさでないことが明らかになるでしょう!百聞は一見にしかず。

是非是非、顕真学院に来て下さいね♪


~研修、後日談~

顕真学院で研修を受けられた人のその後の様子が風の噂となって耳に

入りましたので、紹介します。

・研修前後ですごく変わられたと驚いたのが、返事です。「ハイッ!!」と大きな声の

爽やかな返事にビックリしました。

・研修前は服装がだらしなく、たびたび服装について言ったのですが、直りませんでした。

ところが、研修を受けられた後、ビシッとした服装で講演会に来られて、とても驚きました。

・Y先生が研修の終了式で「今回、家を離れて、顕真学院で研修を受ける事ができたのは

御主人、奥さん、家族の皆さんの協力があったからです。研修が終わって、家に

帰られたら、言い慣れていないから、照れくさいと思いますが、ご主人、奥さんにまず

お礼の言葉を言いましょう。」と言われました。

その後、ある人が家に帰られてから、ご主人に三つ指ついて、「ありがとう」と言われた

そうです。そうしたら、ご主人に「顕真学院に行ってきたことだけあるな。もう2、3日

(顕真学院に)行ってきたらどうだ!」と言われたそうです。


こんなに変わったと言われるのは、教えられた事を実践したから。

しかも良い方向に変わったのですから、こんな素晴らしいことはありません。

継続は力なり、と言われます。続けて実践して、親鸞学徒の本道を真っ直ぐに

進んでいきましょう!

誉める

今日からブログをリニューアルしました!

内容もよりよいものを提供できるよう、頑張ります!

さて。2月の高森顕徹先生の講演会で、誉められた記憶はずっと残る。それほど、私たちは

自惚れ強いのです、と教えて頂きました。昨日、テレビで「誉める」というテーマの番組が

あり、思わず見てしまいました。相手の長所を見つけることは相手の価値を見つけること

であり、誉めるのは、見方を変えることだと、言っていました。

 例えば、「優柔不断」の人を誉める場合。優柔不断は見方を変えると、いろいろな

選択肢を考えることができる、フレキシブルなどと誉めることができるそうです。また

「気が弱い」は、繊細、人の気持ちがわかるなどと誉めることができます。

 1日1訓カレンダーにも「出来るだけ他人の長所を発見してほめるようにしよう」と

あります。

他人の欠点は目につきやすいですが、長所はなかなか見つけられないと思います。

相手の欠点ばかりに目を向けて腹を立てるか、それとも良い点を見つけて、その人

から学ぼうとするか。どちらが幸せな人でしょう。難しいことではありますが、

心がけていきたいと思います。

F館の掃除に行ってきました!

今日は親鸞学徒が完成を待ちに待ったF館の掃除に行って来ました!

Image019
同朋の里に到着するや、すぐにF館が見え、皆のテンションも一気に上がりました!駐車場からF館まで歩いて

いきましたが、F館に近づくにつれて、「F館の外観が(完成予想の)CGと同じだ!」「大きい~♪」などなど、

話も弾み、ウキウキ気分でF館へ!

玄関を入ると、真っ赤なジュウタンと、天井にはシャンデリア。一流ホテルと見間違うほど綺麗なロビー♪

奥に進むとラウンジがあり、D館がこんな風に見えましたよ。

Image018
さて、今日は5階の掃除をさせて頂きました!今回の掃除参加人数は、聞いた話によるとなんと!

380余名だったそう?どこかで聞いた数字ですね…。私の目には100名ぐらいに見えましたけども…。

 それは置いておいて、2時間の掃除時間もあっと言う間に過ぎていき、一層、綺麗になったF館を見て、

心が何だか元気になってきました。F館に限らず、ドメインで掃除をさせてもらうと、不思議なことに

掃除する前よりも元気になるんですよね。人間に生まれた目的を果たさせて頂く為に無上仏より賜った

大切な建物。綺麗に大切に使わせて頂きましょう!!!

 さて、F館掃除の感想をいくつか紹介します。

・まさに信心の沙汰の為の建物だと感じました。部屋の広さもちょうどいいし、各部屋にホワイトボードが
あって、信心の沙汰をしているイメージが湧きました。

・とにかく居心地がよくて、ずっと居たいところです。ジュウタンも柔らかく、全体的に暖色系が多くて、
部屋もちょうど良い大きさです。早く宿泊したいし、思いっきり信心の沙汰をしたいです。

・階段の手すりが上下2段に分かれていて、子供やお年寄に合わせて取り付けて下さったそうです。
他にもF館には見どころ満載です!

・F館から出たら、冷やっとしました。地中熱を利用したエコな空調と聞きましたが、地中熱の凄さを
肌で実感しました。