研修1日目の様子

今回、研修に来ているのは学生さんです。食事の席でこんなことを言う学生さんがいました。

仏法を聞けて、心がガラッと変わって、嬉しい。

何の事かと聞いてみると、

今までずっとスポーツをやってきて、頑張れ、一生懸命、頑張れ!と言われる度に、どこに向かって?という心が

出てきましたが、人生の目的を知らされて、心がガラッと変わりました!

と満面の笑みで発表していました。

「なぜ生きる」にこんな一節があります。

人生に苦しみの波は絶えませんが、生きる目的を知った人の苦労は、必ず報われる苦労です。
人生は素晴らしい、と言う人もいれば、何をやってもむなしい、と言う人もいます。
 真の「人生の目的」を知るか、否かの違いでしょう。

顕真学院に研修に来られる皆さんは大きな喜び、やる気で燃え上がっておられる人ばかりです。

やはり、真の「人生の目的」を知るから、でしょう。今、顕真学院は気概に燃える人達で満ち溢れています!

~おまけ~

言い方一つで受ける印象が変わります。

Y先生から以前、こんな人がいたと教えてもらいました。

顕真学院に以前、国体で2位になった人が学んでいたそうです。

その発表があった時、皆で拍手をして、かなりの盛り上がったそうです。国体で2位だった人には

なかなか会えませんからね。その時の情景が目に浮かびます。しかし、よくよく聞くと、なんとその競技に

出た人が全部で2人だったそうで、それを聞いて、一同、ガッカリ…。

一つのことを表すのに、ビリというか、2番というか、言葉一つで印象が月とすっぽんほど違ってきます。

言葉は凶器にもなれば、薬にもなります。お釈迦様は優しい言葉は善だと教えて下さいます。

皆が幸せになるような言葉を使っていきたいですね♪