夢を持とう!

毎日、忙しい忙しいで、ついつい目の前の事に追われ、目標を見失いがちになりませんか?何かに

追われていると顔つきも険しくなっていき、余裕も無くなって、焦りが不安を呼んだりして、自分が

世の中で1番、不幸なのではないかという気持ちが出てきませんか?そして、何もかも放り出したい

気持ちになりますよね。そこでちょっとした機会に「私はこうなりたい。」「こんなことをしたい」などと

夢を語り合うと、出発点や目標を思い出し、「この目標達成の為にどんなに苦しくても頑張らなければ」と

元気になってきます。しかも、夢・理想が壮大であればあるほど、理想の実現に向けて、やる気も俄然、

湧き上がってくるから不思議です。1日1訓カレンダーにも「夢を持つようにしよう」とあります。毎日に

追われれている時こそ、夢を描き、1歩1歩着実に進んでいきたいですね。

 今週、学生の皆さんが研修を受けに来ています。皆、希望に満ち溢れている輝いた顔をしています。

 皆さん、こんなことを言っていました。

・地元でテレビ座談会を開きたい!
・家族で一緒にテレビ座談会のご縁にあいたい!
・もっともっと親鸞聖人の教えを知って欲しい!

など。それぞれに夢や目標があって、顕真学院に来たことがわかりました。まだまだ親鸞聖人の教えを

聞きたい人がたくさんいるのに、伝える人がいないということが痛切に思い知らされました。

教えを聞く人から教えを説く人へ!

共に人生の目的を果たせるよう、頑張っていきたいと思います!