聞き上手とは

とある人から「男性は黙っている人が多い!こちらから話しても、『………』になる!

ウソでもおべっかでも、反応してくれないとダメ!」というお叱りを頂きました…。

確かに寡黙な男性って多いと思います。私の父もしゃべるの苦手です。逆に母はおしゃべり好き。

私の勝手な思い込みですが、女性同士だと、長い間、話が途切れず、盛り上がるってことが

よくあるように思います。なぜ、こんなにも会話が続くのか?疑問に思ったことがあります。これも

ある一場面に過ぎませんが、女性同士の会話は話題が飛ぶように見えます。主人の話をして

いたかと思いきや、「駅前に新しくできたケーキ屋さんって美味しいらしいよ!」とか。それで

会話が続いていくように見受けられます。あくまで主観です。

 聞き上手な人は相槌がうまいと聞きます。大抵の人は自分のことを聞いてもらいたい一杯です。

だから、話を聞いてもらえたら、嬉しくなります。聞き役になったならば相槌は大事です。上手に

相槌を打てばこちらはあまり話をしなくても、「何て良い人!」となるそうです。ただ、適当に

聞いていたり、聞き流していたりすると女性は敏感に感じ取りますから、気をつけないといけません。

縁次第

一昨日、顕真学院で講演会がありました。今回、初めて顕真学院に来られた人が

ありました。顕真学院の近くに住んでおられて、顕真学院の前を何度も通りかかられ、

顕真学院の事も知っておられました。しかし、まさか、仏法の話が聞ける所だとは

思っておられなかったようで、「灯台もと暗しとはこのことですね。こんな素晴らしい

場所なら、もっと早く参りたかった」と言われていました。ずっと正信偈の意味を知りたいと

思われていたそうですが、読み方は教えてもらえたけど、意味は教えてもらえなかった

そうです。講演会の後に感想を聞くと、「涙が出るほど、嬉しかった」と感激されていました。

縁が無ければ、どんなに仏法を聞きたいと思っていても仏法を聞けない、と教えてもらい

ます。縁とはいかに大切なことか、わかります。だから、仏法を聞ける縁に巡りあえた

ことは大変、喜ぶべきことです。仏縁に恵まれた事に感謝して、これからも親鸞聖人の

御教えを学んでいきたいと思います。

身なりは大事~男性編~

ちょっと前の話になりますが、今、学院に研修に来ているOさんの服装にビックリ。

Yシャツのサイズが大きくて合ってませんでした。Oさんに「Yシャツのサイズを見て

買ったんですか?」と聞くと、「見てません」との返事。Yシャツはサイズが合ってないと、

とてもみっともないです。女性陣から「こんな人を見ると一気に幻滅する」と手厳しい意見が

出ました。。。男性の皆さん!キチンとサイズを測って、体に合った服装をしましょう!!!

そして、Yシャツにはアイロンをかけましょう!せっかく素晴らしい話をしていても、身なり一つで

聞けなくなってしまいますよ。

 服装で大事なことは清潔感。きちんと洗濯したものをアイロンをかけて着るだけで随分、印象が

変わりますよ。

 そうそうスーツにスニーカーもNGです。。。

心を知る

目に見えるものから目に見えない心を知らなければならないとつくづく感じます。

厄介な事に目に見えるもの、そのままが心を表しているのではないのが難しいところです。

礼儀心得手帳にこのように教えてもらいます。


ことわざに「泣くほど留めても、帰れば喜ぶという」とあるように、

人間の心理は微妙である。相手の言葉をそのまま己の都合よく解釈して礼儀を失してはならぬ。

 相手の気持ちを誤らず理解して相手を不愉快にしてはならない。


相手が何度も、せっかくだし、食事を作るから、ゆっくりしていって、と言っても、丁重に断って

帰るとゆっくりしていって、と言っていたはずなのに、相手はほっとする、と言われたものです。

何だかんだ言っても、お客さんがいたら、気を遣うし、それこそ食事を頂くとなれば、相当、相手に

気を遣わせることになります。ケースバイケースなので、とても難しいところではありますが、

的確に相手の心を察知して、礼儀を失しないようにしたいものです。

根本

これまで顕真学院の様子、教えてもらうことなど、様々なことを当ブログで綴ってきました。

それこそ独断と偏見で…。最近はリアルタイムの顕真学院をコンセプトに記事を書いています。

いろいろと学ぶことが多いのですが、根本的に大事な事は仏法を尊く思う心、生涯、親鸞学徒と

して貫くという熱い思いです!何だかんだと言っても、これが無ければ、学ぶ意欲もあまり

湧かないと思います。最初から完璧にできる人はいません。いや、いつまで経っても完璧には

なれないでしょう。親鸞聖人でさえ、「我あやまてり」と言われているのですから、、、

できないならば、できるようになればいいだけで、できないことを悲観することはありません。

昨日よりは今日。今日よりは明日。少しでも向上しようという心掛けが大事だと教えてもらいます。

その向上心の土台も仏法を尊く思う心だと思います。進む道は無上道。後悔の無い道。仏法に

出会えた喜び、熱い報恩の気持ちと高い志を持ち続け、輝ける人になれるように頑張って

いきたいと思います。

言葉の教室に初参加しました♪

先日、初めて「言葉の教室」に参加しました!前々から参加してみたいと思っていたので、

とても嬉しかったです。

 言葉の乱れは思想の乱れ、思想の乱れは社会の乱れ。正しい言葉遣いを学び、

身につけることが言葉の教室の目的だと教えてもらいました。正しい言葉遣いを身につけるには、

まず、言葉の意味を正しく知り、礼儀をわきまえ、そして、正しい言葉遣いが身に付くまで、

意識することが大事だと教えてもらいました。何でもそうですが、悪い習慣を改め、良い習慣を

身につけようとしたら、今までしてきた習慣を変えるわけですから、相当の努力が必要です。

顕真学院は日常生活において悪い習慣を改め、良い習慣を身につける場所です。何一つ

難しいことを教えてもらうのではないのですが、良い習慣を身につけるまでが難しいんです。

しかし、身についてしまえば、楽なもの。要は身に付くまで意識できるかどうかが問題なん

ですね。言葉の教室に参加して、全てに通ずるような大切な心構えを教えてもらったと

思います。次も機会があれば、是非、参加したいと思いました。

心遣いができると…

心配りができるとそれだけ評価されていきます。

こんな唸る話を聞きました。

車は”心遣いの度合い”で値段が高くなっていくそうです。一例ですが、

カギを差してロックを解除する車、ボタン一つでロックを解除する車、

カギを持った人が近づくだけでロックを解除する車の順で高くなっていくそうです。

 いわゆる手がかからない、”心遣いのできる”車ほど値段が高いというワケです。

これを聞いて、なるほど!と思いました。

 人間も同じではないでしょうか。配慮ができる人ほど、皆から好かれ、重宝されます。

逆に輪を乱す人、配慮ができない人はだんだんと人が離れていきます。

 お釈迦様は幸せになりたければ、布施をせよと教えておられます。布施とは親切ということ。

親切は相手に何かをしてあげること。自分に何ができるか、考え、心遣いをする人は

幸せになれるんですね。

お礼状を書こう♪

Image006Presented by K

 何か頂いたら、感謝の気持ちを込めて、お礼状を書く。顕真学院ではそう教えてもらいます。

 この世で最も不幸な人は感謝の心のない人である

 1日1訓カレンダーでも教えてもらいます。感謝の心を持ったならば、それを手紙に表すと、相手も喜ばれ、

私も嬉しい。まさに自利利他です。お礼状を書く時に大切なことは「相手に喜んでもらうこと」当たり前ですが、

大事な点だと思います。失礼な言葉遣いになっていないか。こう書いたら、相手は喜んで下さるだろうか、

ガッカリされないだろうか、ということをよく確認しなければ、せっかくお礼状を書いても、残念な結果になって

しまいます。相手と自分の関係、年齢、性別などで文章も変わりますから、気をつけなければならないことです。

そして、やはり礼儀がわきまえられていると、適切な言葉を選ぶことができ、たとえ、失礼な言葉遣いをしていても

後から気づきます。口で言うのは簡単ですが、いざ実行しようとなると、とても難しい事です。学院生の中に文章を

書かせたら、ピカイチという人がいます。会話をするだけならば、おそらくこの事に気づく人はいないと思いますが、

綺麗な素晴らしい文章で、こんな文章でお礼状を貰ったら、さぞかし嬉しいだろうな、と思います。とても羨ましい

限りですが、私も少しでも向上できるよう、努力していきたいと思います。

知られざる顕真学院の一面

顕真学院の日常について、徒然なるままに綴っているこのブログ。このブログで書くことは、顕真学院で

起こったことなので、顕真学院にいるほとんどの人が知っています。しかし、顕真学院にいる人でも

気づいている人は少ないと思う、顕真学院の知られざる名所(?)があります。(あくまで主観です…)

 それは寒い、晴れた夜に外に出ると満点の星空が見えるんです!ここまで綺麗に見れる所は少ないと

思います。昨日は久しぶりに雲ひとつなく、まさに星の海が一面に広がって、オリオン座もハッキリと見えて、とても

美しかったです。北陸は冬、あまり晴れの日がないので、星空を見れる日も極わずかですから、星空を見れる

チャンスは少ないと思います。冬、顕真学院に来て、夜、晴れたていたら、是非、この星空を堪能して

もらいたいと思います。幻想的な空間にきっと感動すると思います!

とある人から…

今日で土日の研修も無事、終わり、皆さん、喜んで帰っていかれました。

主婦の皆さんは「上げ膳、据え膳で嬉しいわぁ~」と、とても、とても喜ばれていました…

さて、今回、バリバリ働いておられる人も参加されましたが、衝撃的なことを教えて

もらいました。会社に入ると新入社員研修やら、○○研修やらあるわけですが、ある人が

受けられたある研修の費用は何と!

「1日2時間が3日あり、費用は、しめて10万円也」

と言われ、驚きました!いわゆる企業向けの研修って、そんなにお金がかかるんですね…

まさか、自己負担ではないですよね?と思いましたが、会社持ちです、との返答に、

自己負担なワケないな、と思いました。そんなにお金をかけてまで、社員教育に力を

入れる企業は少なくないでしょう。まず、ほとんどの企業は新入社員研修がありますもんね。

 そんな研修をいくつか受けてこられたであろう人生の先輩方が顕真学院で研修を受けられて、

感動されるのですから、顕真学院での研修は他では受けられることができないものだと

思います。中には涙を流されて、喜ばれる人もあるんですよ。ますます感動の輪が広がる

顕真学院の研修。皆さんも1度と言わず、2度3度と来て下さいね♪