話をする目的

人に話をするのは相手にわかってもらいたいから。わかる話をしなければ、話をする所詮がありません。

言葉足らずで相手に誤解を与えたり、適切な言葉を選べなかった為に、相手と私の間の理解に溝が

できたりします。特に相手の話を聞く場合、一体、相手は何を伝えたいのか、的確に掴まなければ、

会話は成り立ちませんし、相手の話を受けて、自分が感じたこと、思ったことを相手に伝えることは

難しいと思います。相手の話を聞く時、基本ですが、最後まできちんと話を聞くことが大事だと思います。

私は忙しい時、焦っている時についつい、相手の話を遮って、「きっと相手はこんなことを言っている

のだろう」と勝手な憶測し、しかもそれが違うので、相手に不快な思いをさせてしまい、反省することが

しばしばあります。そして、かえって意思疎通に時間がかかり、きちんと話を聞いた方が早かったと

いうことがありました。

 話をする時も相手がわかりやすい言葉で、きちんと主語、述語をハッキリ言って、ちゃんと相手に

伝えようとする心がけも大切です。わかりにく言葉は、話を聞く人に神経を使わせ、疲れさせてしまい

ます。これが続くと、話を聞いてもらえなくなってしまいます。

 私の話し方が悪かった為に、伝えたいことが伝わらないことがないように気をつけていきたいと

思います。