責任と自覚

今日、嬉しいというか、畏れ多いというか、そんなことがありました。

期待が、かかるとその分、責任も重くなります。その”期待”が形に表れた時、

ずっしりと重く、自覚が高まるのですが、果たして、十分にお答えできているのか。

それでも信じて頂いている方のご期待に何とか、お答えしたい!気持ちばかりが

先走ります。信仰に卒業はあっても、世の中のことに卒業はありません。どこまで

いっても、スミマセンですが、一歩一歩、着実に進んでいかなければ!

顕真学院ではこんなお言葉を教えてもらいます。

できるか、できないか、という結果よりも、

昨日よりは今日、今日よりは明日、

少しでも前進しよう、向上しようという心掛けが一番大事。

俺はできるんだと思ってしまえば、止まってしまう。

向上心を失わず進んで頂きたい。

心に響きます。立ち止まらず、少しずつ前進していきたいと思います。