感謝の気持ち

いよいよ今週末、親鸞会で報恩講が勤められます。報恩講とは親鸞聖人の

ご恩に報いる集まりということです。報恩講については各ブログに紹介されて

いますので、そちらをご覧下さい。

報恩講とは?(1)

報恩講とは?(2)

私たちは実に様々なご恩を受けて生きています。ですから、感謝の心を

持つことはとても大切なことなんですね。親鸞会の1日1訓カレンダーにも

「この世で最も不幸な人は感謝の心のない人である」とあります。顕真学院では

人から何か頂いたら、お世話になったら、お礼状を出します。ですが、お礼状は

実に難しいです。文章に”ありがとう”と入っていれば、お礼状ではないからです。

感謝の気持ちが相手に伝わってこそのお礼状です。文章によっては相手の

気分を害してしまうかもしれません。そうなってしまったら、残念です。綺麗な

美しい文章が書ければいいのですが、なかなか難しいものです。

 素直な喜びを書けばいいんだよ、と言われるのですが、、、

TrackBack URL

コメント