確実な未来

Y先生から興味深いことを聞きました。

Y先生がどこからか聞いてこられたらしく、娘はお父さんのにおいを臭く

感じるらしいです。

例えば、お父さん、Aさん、Bさんが1日、着たTシャツを誰のものか、

言わずににおいを嗅がせた場合、臭いと感じるのはほぼ全員が自分の

お父さんのものである、という実験結果があるそうです。

なぜ、臭く感じるか?それは遺伝子だそうです。

父と娘と言えば、年頃の娘は何かと「お父さん、臭い」とお母さんとか、

友達に訴えたりしますよね?そして、それを聞いて、お父さんは深く傷つく、、、

小さい頃は「お父さんと結婚する!」と言っていた娘が、こんな冷たいことを言う。

その悲嘆はいかばかりか。。。そして、この悲劇の原因は遺伝子。

避けられそうにもありません。

秋の夕暮れが無性に心を寂しくさせる1日でした。

~食事の一コマ~

食事の時、もうすぐ顕真学院の研修を終えるYさんがこんなことを言いました。

「講義では『こころの朝』の伊達政宗の引越しの心得を通して、教えて頂きました。」

伊達政宗の引越しの心得とはこんな心得です。



「国替え、屋敷替えなどの時は、家の中をすみずみまで掃除して、塵さえも

残さぬようにしてから、立ち去るべきである。また、破損した所は修理し、崩れた壁は

塗り直してから、次の人に渡すべきだ。

 それは後からいろいろと非難を受けることを避けるためである。武士の名を

傷つけないように、常に心がけなければならない。

 もし、父子、兄弟の間で屋敷を譲る際に、このような問題があったならば、

他人相手よりも恥ずかしいことだ」



 借りた物は元通りにして、返す。当たり前のことを実践して、信用が築かれるとこの話から

思います。

 話は戻り、伊達政宗の名前が出たので、A先生が「あの独眼竜の?」と聞かれたら、Yさん。

「毒まんじゅうですか?」

…えっと…陰険そうですね…


TrackBack URL

2 Responses to “ 確実な未来 ”

Comments

  1. あきらぶ Says:

    こまどりくん、いつもありがとうございます。

    >小さい頃は「お父さんと結婚する!」と言っていた娘が、
    >こんな冷たいことを言う。
    >その悲嘆はいかばかりか。。。

    娘でなくてよかった。

    まぁ、いずれは離れていくのが子供だから、
    息子でも似たりよったりだけどね。

    モモは、まだ小学1年生だから、
    「お父さん!お母さん!」
    とついてきてくれます。

    先日は、
    「一緒に聴聞する!!」
    と言って、高岡会館の研修会で一番前で一緒に聞きました。

    とにかく、子供はかわいくていいですよ。
    こまどりくんもそろそろどうですか。

  2. komadori Says:

    あきらぶさん、コメントありがとうございました。
    そろそろと言われても、必要条件がいくつかあると思いますが…それもこれも縁次第ですね。。。

コメント