大きな声を出そう♪

いよいよ10月も終わってしまいます。やたら、時間の流れが早く感じるような。。。そんなことを

言ったら、「年とったからだよ」と言われ、核心をズバリ突かれました。そうですね。もう、

アラサーですよ。びっくりですね。最初、アラサーという言葉を聞いた時、へぇ、そんな言葉

あるんだ、って思っていましたが、よくよく考えたら、私のことでした。。。

 さて、大きな声を出すと気持ちが前向きになりますよね。やる気も出て、周りの人の印象も

良くなります。ボソボソ言うと、それだけ気持ちも沈んでいきますし、印象も悪くなります。みんなに

伝えたいという熱いものを持っている人は、自然と相手に伝えたい気持ちが声にあわられ、声が

大きくなってきます。私も反省することが多いですが、やる気は声から。肝に銘じたいと思います。

確実な未来

Y先生から興味深いことを聞きました。

Y先生がどこからか聞いてこられたらしく、娘はお父さんのにおいを臭く

感じるらしいです。

例えば、お父さん、Aさん、Bさんが1日、着たTシャツを誰のものか、

言わずににおいを嗅がせた場合、臭いと感じるのはほぼ全員が自分の

お父さんのものである、という実験結果があるそうです。

なぜ、臭く感じるか?それは遺伝子だそうです。

父と娘と言えば、年頃の娘は何かと「お父さん、臭い」とお母さんとか、

友達に訴えたりしますよね?そして、それを聞いて、お父さんは深く傷つく、、、

小さい頃は「お父さんと結婚する!」と言っていた娘が、こんな冷たいことを言う。

その悲嘆はいかばかりか。。。そして、この悲劇の原因は遺伝子。

避けられそうにもありません。

秋の夕暮れが無性に心を寂しくさせる1日でした。

~食事の一コマ~

食事の時、もうすぐ顕真学院の研修を終えるYさんがこんなことを言いました。

「講義では『こころの朝』の伊達政宗の引越しの心得を通して、教えて頂きました。」

伊達政宗の引越しの心得とはこんな心得です。



「国替え、屋敷替えなどの時は、家の中をすみずみまで掃除して、塵さえも

残さぬようにしてから、立ち去るべきである。また、破損した所は修理し、崩れた壁は

塗り直してから、次の人に渡すべきだ。

 それは後からいろいろと非難を受けることを避けるためである。武士の名を

傷つけないように、常に心がけなければならない。

 もし、父子、兄弟の間で屋敷を譲る際に、このような問題があったならば、

他人相手よりも恥ずかしいことだ」



 借りた物は元通りにして、返す。当たり前のことを実践して、信用が築かれるとこの話から

思います。

 話は戻り、伊達政宗の名前が出たので、A先生が「あの独眼竜の?」と聞かれたら、Yさん。

「毒まんじゅうですか?」

…えっと…陰険そうですね…


とっても気になる!

変な箸の持ち方をしている人がいると気になりませんか?

気になって、気になって。。。食事もそぞろになってしまうのは私だけではないと思います。

そうそう、ちょうどこんな感じの人です。

hasi1 hasi2
今回もモデルはKさんです。こんな持ち方で、食べられるのでしょうか?

ちなみにやらせではありません!!!現行犯逮捕です!

今までも顕真学院に研修に来た人で箸の持ち方がおかしい人はぽつりぽつりといました。

そのような人がいるとちくわ矯正をして、正しい箸の持ち方を身につけてもらいます。

ちょっとした顕真学院の名物?です。

やり方は簡単。ちくわの穴に箸の後ろの部分を通すだけ。1本のちくわを半分に切ると

ちょうどいいみたいです。

ちなみに正しい箸の持ち方はこちら!
hasi3
この美しい箸の持ち方のモデルは、、、まぁ、言わなくてもわかりますね♪

正しい箸の持ち方も大人の嗜み。しっかりと身につけたいものです。

顕真学院潜入レポ

今回は顕真学院を支える厨房の様子の潜入レポートです。

まずはリクエストが多かった顕真学院の食事メニュー。

今回、何とか、撮影に成功しました!

Image058
えっ!?期待していたのと違う?実はこの鳩の絵が気に入ってしまい、思わず写真を

撮ってしましました。。。

ちなみにこれはベリーさん作です♪画伯なんですね。最初、ショコラさん作かと思いました。

隠れた名匠ですね。噂ではマロンさんもイラストを描くとか。

メニューを決め、実際に作り、そして、配膳まで。食事に関しては本当に何から何まで

してくれて、感謝の心で一杯です。

次は何とおぼん一杯に広げられた豆。

Image057
何をしているかというと、傷んだ豆があったらよけて、良い豆だけ使うそうです。調理する時、

1粒でも悪い豆が入っていたら、美味しくならないそうですよ。1粒1粒丁寧により分けて、

根気のいる作業です。美味しいものは手間ヒマかけないとダメってことですね。風の噂では、

この作業は豆が多いと指先の皮がむけてしまうそう。ベリーさんの指は大丈夫でしょうか??

イスに座って食事をする時のマナー

今回も食事の時の話題です。

巨人の星みたいにちゃぶ台で食事を取るということが少なくなり、今はイスに座って食事をすることが

多いですよね。顕真学院でも、食事の時はイスに座って食べます。ファーストフード店に行くと

だらしなく足を組んで座っている人って多いですよね。とても見ていられません。

ちょうどこんな感じで…(写真右)

asi
写真の人はKさんです。足を前後にしているのも、見栄えが悪いですね。。。足を組んで食事を

食べるのはとてもみっともない!食事の時はきちんと足を揃えましょう!(写真左)

新型インフルエンザ警報!

たまに外食をすると、顕真学院で頂くご飯がやっぱり美味しく思う、今日この頃です。

新型インフルエンザが更に猛威をふるい、新聞で福井県内の患者数が前の週の倍ほどに

なったという記事もありました。ニュース等ですでに報道されていますが、子供が感染しやすい

という新型インフルエンザ。子供が家庭に持ち込んだり、孫が持ってきたりするそうです。

そして、一家で集団感染するようです。ある機会で、子供を持つ人から、毎日、子供の体温を

計っている、と聞きました。いよいよ持って、家庭で外から帰ったら、うがい、手洗いを励行して、

新型インフルエンザにかからないようにしたいものです。

カレイな?皮むき

今日も顕真学院では様々な出来事が起きています。

いつものように穏やかな食事の時間が流れていたのですが、突然、「何それ!」という声で

平穏な食事時間が終わりを告げました。

それは柿を出してもらい、おのおのが皮を剥いて食べていたのですが、

こんな皮の剥き方をした人がいたんです!

091020_081944
最近の人は包丁で皮をむく機会って、あんまりないのかなと思いました。

ちなみに手前が皮で奥が皮を剥き終わった柿です。

こんなにダイエットした柿を初めて見ました。。。皮が実か、実が皮か。遠目で見ると、

柿が2つあるように見えます。1つの柿を2つ食べているような感覚になり、

ちょっとお得な気分が味わえます。。。

あまりの惨状に見るに見かねて、Y先生がその人に「こうやって皮を剥くのよ!」とマンツーマンの

レッスンが始まりました。その甲斐あってか、レッスン後の成果がこちら!

091020_082017
…全く違いますね。いらぬ誤解、不安を与えない形になっていますし、きちんと皮と実に

分かれています。

これで、この人は不器用ではなくて、使い方を知らないだけだった、

ということがわかりました。

人前で食べる時には、恥ずかしくない程度なものを身につけておきたいと思った食事の時間でした。

福井で有名なもの

いつもこのブログでは顕真学院の様子を紹介していますが、今日は一風変えた話題です。

福井で有名なものと言えば、何でしょう?私がぱっと思いついたのは、吉崎御坊と東尋坊。この2つは顕真学院からも近いです。

「福井と言えば、メガネ!」という人もいるかもしれません。

あとは…と考えていたら、ふと思いました。

「さつまいも!」

決して、ブログを書いている時に焼き芋屋さんが通ったのではありません。。。

それはさておき、顕真学院の近くに広大なさつまいも畑が広がっているんですよ!

そして、このさつまいもはただのさつまいもではないんです!富美津(とみつ)というブランドで、とってもおいしいんです♪

去年、一時、サンキューに売っていた焼き芋がこの富美津だったので、知っている人がいるかもしれません。

女性でさつまいも嫌いな人はいないと今日、食事の時に話題になりました。その場にいた女性陣は満場一致でうなずいていました。。。

確かに私の母も「い~しや~き いも~~」と聞こえると、「焼き芋、食べたいね」なんて私に言い、次の日に、

ふかし芋がおやつに出たりしたことがありました。。。

カレー、ハンバーグを嫌いな子供が稀なように、さつまいもを嫌いな女性もまた稀なわけですね。

私もだんだんと焼き芋が食べたくなってきました…

ベリーの観察日記(唐辛子)

みなさん、こんばんは! ベリーです☆

朝晩、随分冷え込む様になりましたね。身体を温めるには唐辛子!

そこで今日は、学院の唐辛子を紹介します。撮影は、9月初めです。

tougara1tougara2
唐辛子って、こうやって上向きに実がつくんです。

ベリーは学院に来て、初めて見ました。

Y先生がお好きなので、毎年学院の畑で作られるんですよ。

そして、9月下旬に、収穫しました。

赤くなった唐辛子は、天日干しして、料理に使います。こんな感じ・・・

tougara3
特に、煮物には欠かせません!

青唐辛子は、しょうゆ、麹と混ぜて「唐辛子味噌」を作ります。

tougara4
これは、去年作った唐辛子味噌。ラーメンにほんの少し入れると、

とっても美味しいんです!ヽ(^o^)丿

そして、唐辛子の葉っぱは、蒸してすり鉢ですって、味噌を加えて・・・

「葉唐辛子味噌」の完成です☆(すみません、写真はありません。)

つまり、実も葉っぱも、残さず全部、頂きます。

「唐辛子味噌」と「葉唐辛子味噌」の作り方は「はたけくらぶ」さんの

お師匠様から教えて頂きました。お師匠様が福井におられた頃から、

大変お世話になっています。

次の写真は、バジルです。

SN3F00100002
白い花が咲いていまるの、わかりますか?

一鉢に、6本のバジルを植えてあります。今年の夏は、このバジルを使って

バジリコスパゲティーを、何回も作りました!

ベリーはスパゲティーが大好きなんです!

バジルさん、来年も宜しくお願いします☆

たかが返事されど返事

今日、顕真学院の新入生と先輩の返事を比べる機会がありました。

顕真学院では返事の練習を毎日しているので、新入生も顕真学院で学んで半月経ったし、

そう大差ないだろうと思っていました。しかし、実際は先輩と新入生の違いが浮き彫りになり、

さすが先輩は違うなと思いました。

大きな違いは、返事のキレでした。先輩はキレが好く、ぎゅっと締まった返事なのに対して、

新入生は「はあ~い」というようなヒドイものではなかったのですが、若干、間伸びしていて、

ダラっとした返事という印象でした。

意識したら、新入生も締まりのある返事をしていたので、要は身につくまで続けられるか、

どうかだと思いました。

高森先生の「光に向かって心地よい果実」に返事の大切さについて教えて頂いています。

●さわやかな返事
テレビの料理番組に出た、女性アシスタントの歯切れの良い返事に聞き惚れた。
「ううん」「はああ」は論外。普通の「ハイ」は、誰もがする。
同じ「ハイ」でも、すがすがしい『ハイッ!』の返事で彼女は二十五分、貫いた。
録画も忘れて、聞き惚れていた。
「はいはいはい・・・(繰り返し)」や、「はあ~い」では、他人をバカにしている。
女性の笑顔は、何よりも美しく見せるが、返事が良ければ、一段と輝く。
『べっぴんも 笑顔忘れりゃ 五割引き』だが、返事良ければ十割増し、となろう。
人間関係が、グッと良くなり、多くの人に好かれ、愛され、得をすること間違いなしだ。
実行しよう。


返事一つで私の印象が左右されます。返事が悪かった為に、悪い印象を相手に与えてしまったら、

勿体ないです。

自分を変えたいと思っている人は、まず、返事を変えてみることをオススメします!