身だしなみって大事

身だしなみがピシっとしている人は第一印象って良いですよね。服がよれよれのしわだらけのだらしない人は物や時間にもルーズかなという印象を受けてしまいます。

身だしなみ一つでこんなに与える印象が違うものかと、思うことがありました。ある人が家を購入される時、不動産関係の営業マンのピシッとした服装、ハキハキとした受け答えが決め手となって、契約をされたそうです。その人は「話の内容もそうだけど、営業マンのピシッとした身だしなみを見て、この人は信用できるかな」と思われたそうです。

私も営業をしていた頃、先輩社員から「初めてのお客様に会う時はクリーニングしたてのYシャツ、スーツ、靴も磨いて、のぞむようにしている」と言っていたのを思い出しました。営業ならば、何を売っているかということも大事ですが、営業マンの印象も契約が取れるかどうかの大きな一因となっているように思います。

身だしなみに気を付けている人はそれだけ信用が得られ、しっかりとした服装で私自身の心も正されるもの。聞かせて頂く法は最高無上なのだから、その法に見合った人に近づけるように、身だしなみも気をつけなければならないと思いました。