実践が大事

今週、夏休みを利用して学生さんがたくさん顕真学院に学びに来られました!

他ではなかなか教えてもらえないことを教えてもらった!!!とみんな、喜んで帰っていきました。

こんなことを思って顕真学院に来る人が多いみたいです。

”顕真学院に来たら、顕真学院で学べば、自分を変えられる”

そんな思いを持っている人が多いそうです。けれども、教えてもらったことを実行しなければ自分は変えられません。教えられた通りに実行することで自分を変えられるんですよね。

仏教の骨目は教行証だと教えて頂いたことを思い出しました。(これは一般的な仏教のことですが)

教とは教え

行とは実行

証は結果

まず教えを正しく知る。そして、教えの通り実行して、証(さとり)をひらくということです。

例えば、郵便局に行きたいと思ったら、まず、郵便局がどこにあるか、調べて(教)、そして、地図通り行って(行)、郵便局に着く(証)ということです。

顕真学院に来て自分を変えたいと思ったら、教えてもらった事を続けて実行することが大事です。そうして初めて、自分を変えられるという結果が得られます。顕真学院はその自分を変えるきっかけだと私は思います。いかに続けていくか。継続してやていくことは難しいことですが、その難しいことをやり遂げた人が他の人が羨む結果を得られるんだと思います。顕真学院に来た事がその人の大きな財産になってくれたら、と思います。

☆はみ出しメモ☆

今回、ギネスに是非、乗せたい記録がこの研修期間で出ました!それは顕真学院の食事が美味しいと皆の口から1日も欠かさず、毎食、話題になったことです!これはすごい!!!

ベリーさん、ショコラさん、マロンさんの日々のたゆまぬ努力、研究、そして、みんなに喜んでもらいたいという熱い情熱が生み出した結果でしょう。まさに日々、前進!私も見習って、頑張りたいと思います♪