親鸞会ルボアール

title親鸞会 ルボアール
親鸞会同窓会サークル
ルボアール

親鸞会ルボアールとは

Revoir(ルボアール)とは仏語で「再会」の意。ここは学生時代に、共に親鸞会で仏法を学び、卒業して社会人として活躍する親鸞会会員の、現場の声を集めたものです。

親鸞学徒の弁護士たち

  1. 「親鸞学徒ならできる」被害者の心の救済

  2. 心にしみた「佐渡オケサ」 暴力団幹部の改心

  3. 「生きる価値があるんや」

  4. 敏腕女性弁護士の奮戦

  5. 「先生にだけ話します」孤独な被告人心開く

  6. 「ヤミ金地獄」から救出ITの推進に挑む

  7. 元暴力団員 塀の中から感謝の手紙

親鸞学徒の医師たち

  1. 荒廃する医療界に挑む

  2. 心身ともに“抜苦与楽”

  3. 再受験 六度目の春

  4. 葛藤する救命医の心

親鸞学徒の社会での活躍

  1. 愛知県 米田 真(技術者)
    「過酷な戦い目のあたりにして」

  2. 東京都 佐々木信(商社マン)
    「くじけそうになったときは・・・・」

  3. 大阪府 加茂良子(生保外交員)
    「自己の言動を反省できれば、相手も変わる」

  4. 愛知県 二宮英治(獣医師)
    「どこか違うなと思っていたら仏法聞いておられた」

  5. 福井県 福田紀男(研究員)
    「実験の日々、仏法を支えに」

  6. 大阪府 佐藤芳郎(住職)
    「天台僧の親鸞学徒」

  7. 埼玉県 島岡孝平(公務員)
    「真剣勝負の人生・仏法あればこそ」

  8. 茨城県 浜田美由紀(介護士)
    「介護の現場から」

  9. 東京都 横山恵子(介護士)
    「元気な老後は何のため?」

  10. 千葉県 斉川信也(公務員)
    「霞ヶ関で世界経済 見通す」

  11. 神奈川県 田中杏子(銀行員)
    「金融界でみる社会」

  12. 大阪府 飯森健一(技術者)
    「自己に厳しい親鸞学徒でありたい」